pimboke6

2013年 09月 07日 ( 1 )

western style toilet

b0170947_9181080.jpg

受験勉強でやる気の出ないガガが、
歴史の本をつまらなそうにぱらぱらめくって言った。

「外国人商人グラバーによって初めて西洋式便器が日本にもたらされた、
 って書いてあるから、へーっと思ったら、西洋式武器だった」






そういえば、
日本人の足腰が弱くなって、うちの母のような車椅子の老人がふえた要因のひとつとして、
西洋式便器はきっと大きいよね。

それと同様、西洋式武器を導入したあたりから、
日本という国の足腰も弱くなったんじゃないか、なんて、ちょっと思った。

先日、こんな新聞記事が facebook で取りあげられていた。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=534175003320141&set=a.154520021285643.36684.100001829383135&type=1&theater
(9月3日 日刊ゲンダイから)

「いつの間にか日本はひどい内向きの国になり、
 国際的に孤立するようになっている」

「国内だけの常識はもはや世界の常識ではない。
 ますます戦前に似てきている」

わたしは戦前に生きていなかったから体感としてはわからないけど、
本なんか読むと、そうだろうなと思う。

自分の姿を客観的に見ることを忘れ、
オレ様はすごいんだぞ的な気持ちで世界に挑む愚かな男たちと、
彼らを手玉にとって戦争させてもうけようとする欲深い商人たち。
そして彼らに都合のいい宣伝をしておこぼれに預かろうとするマスコミ。

戦前の日本はそんな人たちに動かされて戦争に向かったようだ。
そしてこれは、まさに今の日本。

オレ様こと安倍首相は、太平洋戦争は侵略戦争ではなかったとか、
従軍慰安婦の強制連行を証明する記録はないとか、言ってるらしいけど、
ひとの土地に兵隊さんを送りこんで、
その土地にいる人たちをたくさん殺して、
その土地を自分たちのものにして、
その土地の人たちに自分たちの言葉をしゃべらせて、名前を変えさせることが、
侵略でなくていったいなんだろう?
もしその土地の人々を助けるために兵隊さんを行かせたのだとしたら、
戦いが終わった時点でさっさと引き上げてくるはずだ。
父のアルバムが語る日中戦争

わたしは戦後60年間、平和憲法の下で平和を守りつづけた日本を誇りに思っている。
アメリカの傘があったからできたんだなんて言う人もいるけど、
その傘を利用して平和を保ちつづけたことも立派じゃないか。
その間、アメリカは日本を軍事国家にさせようとしたけど、
日本は軍事国家にならなかった。

しかしオレ様はそこに誇りを抱けないらしい。
アメリカの言うままに軍備を進めることが、
オレ様にとっては誇りになるらしい。

そんなオレ様にすでに不信感を抱いている世界に、
福島原発の汚染水漏れや、
原発輸出や、
オリンピック招致の話題が、どんどん流れでていく。

オリンピックについて、オレ様はこんなことを言ったらしい。

    「福島原発の汚染水は2020年のオリンピックになんの支障も起こさない。
     ……福島の汚染水について懸念する声があるが、
     政府はこの問題を完全に解決すべく政府主導でことにあたるつもりでいる。
     我々は固い決意のもと最善をつくしており、7年後の2020年には問題は解決しているだろう」
http://mobile.bloomberg.com/news/2013-09-04/japan-s-abe-says-fukushima-will-be-resolved-before-2020-olympics.html

これじゃあ世界の笑いものだわ。





西洋式武器は簡単に人が殺せるし、
西洋式便器は楽に用が足せる。
こういうものが手に入ると、
人間はどんどん地に足がつかなくなって、妄想の世界に生きるようになるのかもしれない。
オレ様の愚行がそのせいだってわけでもないけど、
便器と兵器を、オレ様のはなしと無理やりこじつけてみた。






※報道するラジオ「史実から問う、従軍慰安婦問題」
 【中央大の吉見義明教授による説明。2013年5月「報道するラジオ」より】
 慰安所は軍の主導によって、軍の施設としてつくられた。
 女性を集める業者を、軍が選定し、
 その業者に対して資金援助や、移送手段や、食料や衣服を提供した。
 料金も軍が設定し、女性たちの性病のチェックは軍医が行った。
 軍は100人の兵士に対して1人の慰安婦が必要であると考えていた。

 軍が定めた「慰安所規則」では、
 ・女性たちは軍のつくった一室に閉じ込められた。
 ・外出の自由がなかった。
 ・慰安行為を拒否する自由がなかった。
  逃げればつかまえられ、拷問や処罰を受けた。
 ・普通の公娼には与えられる廃業の自由がなかった。

 女性を戦地に連行する方法としては、
 ・別の仕事だといつわってだまして連れてくる。これが多かった。
  (食堂の給仕、看護の仕事、工場の仕事など)
 ・人身売買。
 ・現地の女性をレイプしたあと、一定期間拘束する。

 上のようなことがすべて、公文書に残っている。
 吉見教授はこれらの資料を
 防衛庁(1992年当時)の防衛研究所で閲覧することができた。
 (当時はそのような資料があることは知られていなかった)
 日本政府は敗戦直後に軍関係の資料を大量に焼却したので、
 これ以外の多くの資料が失われたと思われる。


※被災者支援法:復興庁、議事録作らず 会議資料も開示せず

※骨抜きの原発被災者「支援法」=日野行介(東京社会部)
by homeopa | 2013-09-07 09:12 | 世の中のこと