pimboke6

work cloths

b0170947_817352.jpg

このあいだ、夕飯の買い物のついでに、近所のホームセンターをのぞいてみた。

ある、ある!
何に使うんだかわからない大工道具がたくさんある。
電動のこぎりなんか、何種類もあって、
大きさ以外、どこがどう違うのかわからないけど、
ずっしり重いことだけはわかった。
家をつくるなら、これは必需品だな。
そしてこれを使える筋力も。

あれやこれやと手にとって見ていると、
子どものころに感じた工作への欲望が、
お尻の穴のあたりから上にむかって、むずっ、むずっと、よじ登ってくるのがわかった。
大工になりたいけど男じゃないから、
と思っていた時期も、そういえばあった。
でも、もうそんなことは言ってらんない。
女だろうが、年寄りだろうが、自分でつくって生きていくしかないのだ。
うふん、かっこいい。

そしてさらに店の奥に進んだら、作業服のコーナーがあった。
よく水道工事や電気工事のおじさんが来てるやつ。

ハートを射貫かれた気がした。
「実用的」 を完璧に表現するとこうなる。
これはもう芸術でしょう。

何回洗ってもすり切れそうにない分厚い生地、
どこに何を入れようかと考えるだけで楽しいポケットの数、
浮ついた虚栄心を受けつけない機能一点ばりの実直さ。
これを着ただけで何でもつくれそうな、そんな気になってきた。

色は紺と、どぶ色。
やっぱり、どぶ色かな。
でもサイズが合わない。上着はいいとしても、ズボンが長すぎ太すぎる。
SSサイズを取りよせてもらおう。
なんといっても、上着が1780円という超実用的な値段だし。

でもいや、待てよ。
大工仕事といえば、やっぱり地下足袋でしょう。
地下足袋といえば、あのふっくらズボンと腹巻きと半纏(?)。
似合うかなあ・・・・

なんてことを考えているうちに、すっかり短くなった秋の日は沈み、
あわてて夕飯をつくるために帰ってきたのだった。





※北九州市のガレキ焼却にともない、体調不良を訴える人がぞくぞくと出てきた

※原子力規制委員会がさっそく報道規制を始めた

※選挙に出るのに必要な金額は、日本が世界一
 国会議員の給料も日本が世界一らしいし。
 変な国ですね。
 国会議員の給料をもっと低くすれば、志の高い人しか立候補しなくなると思うんだけど。
by homeopa | 2012-09-27 20:44 | こだわり