pimboke6

higanbana

b0170947_16371545.jpg

  まともな親にならなくちゃいけないんじゃないか、
  と最近またどこかで思いはじめている。
  よくないな。
  それをやめてやっと身体も心も元気になったのに。
  
  生来怠け者で自己中のくせに、
  そうでないふりをしようとしたから病気になったのに。

  自分の健康や楽しみは二の次で、子どもにすべてを捧げる親。
  年中暇なしに働いて、子どもにできるだけの豊かさを与える親。
  
  わたしがそんなものになれるわけないじゃん!
  もしなったら、きっと子どもを恨みたおすぞ。
  
  だから貧乏でも工夫して楽しくやっていこうじゃないか、
  と思っているわけだけど、
  それはある人から見れば、もっと働けるのに働かない怠け者に見えるのだろうし、
  「お金がない」と言えば、不満ばかり言ってるように見えるのだろう。
  わたしはむしろ金持ちであるより貧乏であるほうが誇らしいんだけど。
  でもある人から見れば、わたしの貧乏なんて貧乏のうちに入らないらしい。
  そうなると貧乏を自慢するのもいけないような気にもなるし。

  わたしは積極的に貧乏を選んでいるわけじゃないけど、
  あちらとこちらを天秤にかけて、今ぐらいでいいんじゃないかと思っている。
  でも娘は自分で貧乏を選んでるわけじゃないから、
  わたしには楽しい工夫も、娘には苦しい工夫。
  だから、なんでうちだけこうなのよ!! となる。
  これがグサッとくるんだ。

  こまったなあ。
  どう考えたらいいのか。
  最近ずっと混乱しているわたしがいる。


    




by homeopa | 2011-10-22 06:49 | 季節の花