pimboke6

kanzakura

b0170947_2281770.jpg

            葉の落ちた木々が寒そうに並んでいる公園で、
            一本だけ白い花を点々とつけている木がありました。
            寒桜っていうんでしょうか。
            空気が読めない人ってどこにでもいるんですね。
            なんだか健気で好き。       

            関係ないけど、いま読んでいる本「睡眠の科学 (ブルーバックス)」に、
            面白いことが書いてありました。

            動物(ヒトも含む)のデフォルト(普段の状態とか、初期設定とか)は、
            睡眠状態である、と。

            つまり、わたしたちは眠っている状態が普通であって、
            必要が生じたときのみ覚醒するということです。

            必要とは、「食うこと」と「食われないこと」。
            「食うこと」は獲物を見つけ、追いかけ、捕獲し、食べること。
            「食われない」は敵の存在を察知してそれから逃げたり身を守ること。

            わたしは活動するために眠るのだと思っていたけど、
            この理論だとそうではなくて、
            眠るために活動するということらしい。

            そう思ったらなんだかホッとしたような拍子抜けしたような。
            正月はたっぷり寝て過ごそうかな。
by homeopa | 2010-12-30 11:12 | 季節の花