pimboke6

<   2014年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

my mother's hands

b0170947_13275346.jpg

大晦日に浴槽を洗っていて気づいたこと。

孝行のしたい時分に親はなし、ということわざがある。
あれは、
だから生きているうちに親孝行をしなさい、という意味ではなくて、
本当に親を大切にできるのは親が死んでからである、
という意味ではないかと。
だれでも本当に親を大切にしたいと思うころには、親は死んでいるものだ、そういうものなのだ、
という意味ではないかと。

違うかなあ・・・・たぶん違うだろうな。

でもこれもある人にとっては真実だと思う。
少なくともわたしにとっては。

子どもが自分の人生を生きていくのはなかなか大変なものだ。
その大変ななかで、親孝行をしようとすれば、
自分の生き方をいくぶん曲げたり削ったりしなければならない。
そうやってする親孝行は、どこか義務的になったりもする。

まして相手は独自の意志も感情もある人間。
親孝行をしているつもりでも、親には快適でないこともある。
子どもの思いと親の思いがいつも一致するとはかぎらない。
むしろ一致しないことのほうが多い。

自分の人生でも納得できず、親孝行でも納得できずに過ごすより、
親のことは半分忘れて、自分の人生をとことん生きるほうがよくはないか?
存分に自分を生きて自分を受けいれられるようになると、
自分をこの世に産みだしてくれた親に心から感謝できるようになる、
と最近わたしは思っている。

父親は死に、母親は死にそうになっている今になって、
おとうさんありがとう、おかあさんありがとうと、初めて素直につぶやけるようになった。
母が元気なころに毎年つくっていた正月の煮染めが無性に食べたくなって、
自分でつくってみたりした。
以前、母の煮染めを食べていたころは、そんなにありがたいとも思わなかったのに。
そんなわたしの心持ちを知って、
父も母もしあわせな気持ちになってくれているんじゃないだろうか。

こんなことをつらつら思ったのも、
今日が父の命日だからかな。

でも命日なのに墓参りにも行かず、
ひたすら自分の家の大掃除に熱中しているわたしは、
なんてことはない、親が死んだあともやっぱり親不孝だわね。

とはいえ、わたしはガガにもやっぱり親不孝であってほしいと思う。
自分の人生を納得するまで生きたあとで、
死んだわたしのことを心から大切な存在として思いだしてくれたらと思う。
そのときはきっとガガも自分をすっかり受けいれているのだろうから。
生まれてよかったと、心底思っているのだろうから。






Cat Power - Remember Me ♪

by homeopa | 2014-12-31 13:28 | 人間

小麦は食べるな!

b0170947_21324297.jpg


こんな本を読みました。
『小麦は食べるな!』 Dr.ウィリアム・デイビス (日本文芸社)

タイトルそのままの内容です。

でも、小麦というのは人間が太古の昔から食べてきた穀物です。
日本でも弥生時代の半ばにはすでに小麦が栽培されていました。
それくらい長い実績のある穀物を、ここに来ていきなり食べるなといわれてもねえ。

パンを主食にしている西欧人にとってそれは、
馬に草を食べるなと言うような、
パンダにササを食べるなと言うような、
蚊に血を吸うなと言うような、
カンジダ菌に糖を食べるなと言うような、
わたしに魚を食べるなと言うような、
それぐらい理不尽なことではないかと思います。
最近、小麦の消費量が米の消費量を上まわったという現代日本の人々にとっても。

しかし著者が言うには、
100年前の小麦と、今わたしたちが食べている小麦は、まったく別物なのだそうです。

1943年、ロックフェラー財団とメキシコ政府が協力して、
メキシコに IMWIC (国際トウモロコシ・小麦改良センター) を設立しました。
トウモロコシと小麦と大豆の生産量を上げて飢餓をなくすという目的で。

そこで人工交配が何度も繰りかえされ、
1960年ごろからは遺伝子組み換え技術も活用され、
従来の小麦とは遺伝子構造がまったくちがう無数の新しい小麦が生まれました。
現在の小麦の品種は25000種類。
そのほとんどが人口的な品種改良で生まれたものだそうです。



小麦過敏症である著者は、
自分の過敏さを利用してある実験を行いました。

大昔から食べられてきたヒトツブコムギの全粒粉で焼いたパンと、
現在の標準的な有機栽培の小麦の全粒粉で焼いたパンを食べくらべたのです。

1日目にヒトツブコムギのパンを食べたあとは何も起こらず体調良好。
2日目に現在の小麦のパンを食べたあとでは、
血糖値が急上昇し、直後から気分が悪くなり、昼食を戻しそうになり、
むかつきは36時間続き、胃の痛みは数時間続きました。
その日の夜には鮮明な夢を見て何度も目覚め、
翌朝は頭がまったく働かず仕事ができなかったそうです。



b0170947_2024032.jpg


ではいったい小麦の何がどう悪いのでしょうか。
悪いのは、小麦の糖質タンパク質だそうです。
つまり、小麦の二大成分。

人工的につくりあげられたバケモノ小麦の糖質とタンパク質がどんな悪さをするのか、
それをかいつまんで言うと、
こんなことをするのだそうです;

・血糖値の乱高下
・内臓脂肪の蓄積・肥満
・食欲の異常増進
・全身の炎症反応
・麻薬に似た常用癖
・糖化
・酸化
・セリアック病
ありとあらゆる自己免疫疾患


いちおうかいつまんだので、これだけ書いて終わりにしてもいいし、
むしろ終わりにしたい感じはありますが (まとめるのがかなり面倒くさい)、
これだけ聞いても、ふ~ん、という感じで、あまり感動しない人も多いと思いますので、
自分の勉強もかねて下に書きだしてみます。
感動するようなはなしでもないんですが。

ちなみに、長いですよ~。



b0170947_20253572.jpg


まず糖質の問題。

小麦の70パーセントは糖質で、
おもに二種類の糖から成っています。
アミロペクチンと、アミロース。

アミロペクチンは、とくに小麦のアミロペクチンは、非常に消化されやすく、
砂糖よりもはるかに急激に血糖値を上げるそうです。
つまり砂糖よりGI値が高い。
これは30年前に実証されている、と著者は書いていますが、
ちょっとググったかぎりでは、
小麦のほうが砂糖よりGI値が高いという情報は見つけることができませんでした。

よくある例で、本当に人々のためになる科学的真実だからこそ世に知られていないのか、
あるいは著者がでたらめを言っているのか、
わたしには断言できません。
でも公表すればあちこちから批判されたり攻撃されたりする情報を、あえて書くということは、
たぶん事実なのではないかと思います。

それはともかく、血糖値が急激に上がるとどうなるか。

まずは肥満。

血流に入った糖を処理するためにインシュリンが分泌されます。
インシュリンは糖を脂肪に変えて内臓に蓄積するので、
糖を食べれば食べるほど、インシュリンの分泌量が増え、
肝臓、腎臓、膵臓、大腸、小腸といった臓器に脂肪がたまります。
そのため腹がぽっこり出てきます。
これを著者は 「ぽっこり小麦腹 wheat belly」 と呼んでいます。
余談ですが、わたしはここでガガのおなかを連想しました。

たまった脂肪から炎症を促すシグナルが放出され、
炎症性の症状が起こります。
たとえばリウマチ性関節炎、結腸ガン、アルツハイマー病などが例として挙げられています。
体脂肪が1パーセント減ると、変形性関節炎の症状が10パーセント改善する、
というデータもあるようです。

インシュリンが多量に分泌されつづけると、
肝臓や筋肉などの細胞がインシュリンに反応しなくなり、糖を取りこまなくなります (インシュリン抵抗性)。
そのため膵臓はもっとインシュリンを分泌しなければとがんばりつづけ、
やがて疲れきって、糖尿病を発症します。
膵臓の細胞はブドウ糖や脂肪自体の毒性によっても破壊されます。

   (ちなみに讃岐うどんで有名な香川県は、糖尿病による死亡率がつねに全国平均を上まわっている
    という情報もあります。なんで徳島県が日本一なのかはわからないけど。
    http://www.shikoku-np.co.jp/feature/tuiseki/349/

また内臓脂肪は内分泌腺のように機能し、エストロゲンを放出します。
このため、女性の場合は乳腺組織が増殖して乳ガンリスクが4倍に高まります。
男性の場合は女性のように乳房がふくらみます (女性化乳房)。
見かけますよね、ときどき・・・・小麦腹と女性化乳房の組み合わせ。

日本ではまだまだ少数ですが、
アメリカではこのような肥満のケースが非常に多く、
そうしたケースの中には、
食事に気をつかい、毎日せっせとエクササイズをしているにもかかわらず、
どんどん太るというケースが少なくないそうです。

その理由は、動物性食品を控え、その代わりに野菜と全粒粉のパンをたくさん食べていること。
つまり、たとえ全粒粉でも、バケモノ小麦であればよろしくないのです。

困りましたねえ。



と、ここまでは砂糖の害とも共通しますが、
違いは、小麦のアミロペクチンのほうが砂糖よりいっそう厄介であるということです。




b0170947_2025489.jpg


次は小麦のタンパク質、グルテンの問題。

  (この部分をまとめようとしたら次々に疑問がわいてきて、それを調べはじめたら、小麦地獄にズブズブ
   はまり込んであやうく死にそうになりました。この記事を書こうと思ってなかなか書けずにいたのは、
   すべて小麦地獄のせいです。わたしの怠惰と無能力のせいではありません。とはいえ、やっと生還し
   たものの、脳は小麦地獄の炎ですっかりとろけてしまいました。だからとりあえず、ここには、この本に
   書いてあったことだけをそのまままとめようと思います。そこにどれほど矛盾があろうが、読者が理解
   しようがしまいが、知ったこっちゃない! わたしだって理解できないんだから。もし少しでも同情心と
   いうか、同乗心というか、そういうものがあるなら、この記事でも読んで、わたしの苦しさをシェアして
   ください! → これ   

腸には、体内 (血中) に入ってよいものと悪いものを選別するという大事な機能があります。
グルテンが腸に入ると、
腸からゾヌリンというタンパク質が出ます。
ゾヌリンは腸壁のバリアである密着結合を分解するので、
そうなると、本来、腸壁を通過するべきでないものまでが通過して血液に入りこむようになります。

   (いわゆるリーキーガット症候群、腸管壁浸漏症候群ですね。しかし小麦地獄でわかったことですが、
   グルテンが腸に悪さをするその仕方は、これだけではないようです。ほんとに複雑))

このように小麦によって腸が荒れた状態から、
腹痛・下痢・体重減少・栄養失調などの症状が起こる病気がセリアック病です。
アメリカでは今、このセリアック病がとてもふえているらしい。

ここまで読んで、こんな疑問を抱いた方は多いのではないでしょうか?
「小麦を食べると太るのか、やせるのか、いったいどっちなんだ!?」

わたしもそう思いました。
それも小麦地獄にはまり込んだ一因でした。
しかし相矛盾する膨大な情報に埋もれそうになって生還した今、思うのは、
人それぞれ、ということです。
小麦の糖質やグルテンにどのていど影響されるか、
どの部分でどんなふうに影響され、どんな症状を出すかは、
人によってまったく違う。

同じインフルエンザにかかっても人によって出る症状が違ったり、
同じ予防接種を受けても人によっって影響の仕方が違うのと同じことです。

この本でも、セリアック病の検査で陽性を示しながら、
腸の症状がないケースが非常に多いと書かれています。
それを著者は 「腸症状を伴わないグルテン過敏症」 、
または 「免疫介在性グルテンアレルギー」 と呼んでいます。

腸から血中に異物が入りこむと、とくにタンパク質が入り込むと、
それに対して白血球がさかんに反応するようになり、
「自己タンパク」に対しても炎症反応を起こします。
これが自己免疫疾患です。

グルテンによって引きおこされる疾患として、
この本では次のような例を挙げています;

  疱疹状皮膚疾患、肝疾患、リウマチ性関節炎、橋本病、
  全身性エリテマトーデス、喘息、潰瘍性大腸炎、クローン病、糖尿病、
  脱毛症、神経障害(平衡感覚障害、運動失調、感覚や制御の喪失)、
  頭痛、認知症、貧血などの栄養失調。

過敏性腸症候群や胃酸の逆流も、
セリアック病の軽度の症状であると、著者は述べています。

ふうっ。


そういえばつい先日、クライアントさんから、
胃痛と胃酸の逆流の症状がとてもつらいといってSOSのFAXが入りました。
レメディーのアドバイスをし、小麦製品を1週間ほどやめてみてくださいとお願いしたところ、
小麦をやめたらすぐによくなった、という、
まるで台本に書かれたような結果が得られました。




b0170947_2026115.jpg


次は酸化の問題。

穀物は、植物性食品のなかで唯一酸性の食品です。
その中でも小麦は、
1グラムあたりの硫酸生成量がどんな肉よりも多いとのこと。
つまり小麦は強度の酸性食品です。

動物性食品は体を酸性にしますが、
一方で動物性タンパク質には骨の成長や石灰化を促す作用があり、
酸の負荷を部分的に打ち消すようだと、著者は書いています。

血液が酸性になると、身体はそれを中和するため、
骨からカルシウムを引きだして血液に流します。
それによって骨が弱くなります。

酸性食品によって骨からどれくらいカルシウムが引きだされているかを知るには、
尿に排出されたカルシウムの量を測定します。

グルテンの摂取量をふやすと、
尿中のカルシウム喪失量が大幅に増し、
骨粗鬆症を示す血液マーカーが上昇します。

セリアック病患者の骨折率は、
そうでない人の3倍近いというデータもあるようです。

結論 → 小麦を食べると血液が酸性に傾き、骨が弱くなる。


血液が酸性に傾いたら、
これ以外にもいろいろ困ったことが起こってきそうですね。



b0170947_20261679.jpg


次は糖化の問題。

糖化について、わたしはよく知らないので、
ちょっとだけググってみました。
なのでこれが正確かどうかはわかりませんが、
だいたいこんな感じです。

糖化とは、
体内の過剰な糖がタンパク質と結びついて、
AGE (終末糖化産物) を産みだすこと。

AGEは、年をとればとるほど増えていくそうです。
つまり老化をもたらす物質であり、老化のバロメーターでもあります。
これが増えると、
動脈が硬くなったり、関節が硬くなったり、
目の水晶体が曇ったり(白内障)、
脳の神経細胞の結合がこわれたり、
腎機能が低下したりします。
まさに老化。

糖尿病患者の血液中のAGEは、
そうでない人より60パーセントも多いそうです。
つまり小麦によって血糖値が上がると、
このようになりやすいということ。

ちなみに肉やチーズには初めからAGFが含まれていて、
加熱するとそれが1000倍にも増えるそうです。

結論 → 小麦を食べると早く老化する。




b0170947_20261679.jpg


次は脳への影響です。

脳の血管には、
余計なものが入り込まないようにする関所のようなものがあります。
これを血液脳関門といいます。

グルテンが胃酸によって消化分解されると、
エクソルフィンという物質ができます。
これは 「外因性モルヒネ様物質(エクソジェナス・モルフィンライク・コンパウンド)」 の略。

ランナーズハイのときなどに体内で自然に生じるエンドルフィンは、
内因性モルヒネ様物質と呼ばれていますので、
それと区別するために上のような名前が付けられました。

エクソルフィンは血液脳関門をするりと通過して脳の中に入りこみ、
モルフィネ受容体と結びついて、
まるでヘロインを打ったときのような (わたしは未経験なので想像ですが)、
得も言われぬ心地よい感覚が生まれます。
しかも食欲が異常に増します。(これも肥満の原因)

つまり小麦を食べれば食べるほど、
その幸せな感覚をもっと味わいたくなり、
もっと食べると、もっと欲しくなるという常用癖が生まれます。
ヤバイですね・・・・コム中。

実際、小麦断ちをした人の30パーセントが禁断症状を経験するそうです。
頭にもやがかかった感じや、疲労感など。
もちろん、小麦への激しい渇望も。

そしてこの時期を越えると、気分が大幅に改善するそうです。
たとえば情緒が安定し、集中力が増し、睡眠が深くなるなど。

統合失調症や自閉症の症状が、
小麦の摂取をやめることで大幅に改善したという臨床試験のデータも載っています。
わたしもアスペルガーのクライアントさんで、
小麦と乳製品をやめて症状が改善した方を知っています。


また、グルテンによる免疫反応が脳にダメージを与えることも書かれています。
グルテンを引き金にしてつくられた抗グリアジン抗体が、   
小脳のプルキンエ細胞と結合し、小脳性運動失調を引き起こす、と。

  (グリアジンはグルテンのなかでも特に厄介なタンパク質で、セリアック
   病の原因と言われています。このタンパク質が血中に入り、それに対す
   る抗体ができて、その抗体がよけいなことをするということらしい)

これによって平衡感覚の乱れや、協調性の喪失、眼球振盪、
ミオクローヌス(筋収縮)、舞踏病といった症状が出ます。

運動失調症 (小脳の問題) と診断された人の20パーセントが、
グルテンによる血液マーカーが異常に高いそうです。
そしてセリアック病患者の10~22.5パーセントに、
こうした神経系の問題が見られるとのこと。




b0170947_20261679.jpg


次は皮膚の問題。

グルテンによる免疫反応が、
腸管ではなく皮膚に現れることもあります。
発生学的にいうと、皮膚と腸はほとんど同じようなものですからね。

とくによく見られるのが、
疱疹状皮膚炎(DH)というヘルペスに似たかゆい発疹です。
よくできる部位は、肘・膝・尻・頭皮・背中など。
左右対称のことが多いようです。
DH患者のほとんどは、
一見して腸の症状がないのに
調べてみると、腸の炎症や破壊が見られるそうです。

グルテンが引き起こす他の皮膚疾患として、
次のようなものがあります;
口内炎、皮膚血管炎、黒色表皮腫、結節性紅斑、乾癬、白斑、
ベーチェット病、皮膚筋炎、壊疽性膿皮症など。
また、毛包に炎症が起こって脱毛症になったりもするそうです。



b0170947_20261679.jpg


この著者は予防循環器科の医師なので、
実際に小麦を除去して治った自分の患者さんのケースを載せています。

・61歳の女性。40代半ばからどんどん太りだして83キロになったが、小麦を食べるのをやめて14カ月後
 には、20代のころと同じ58キロになり、異常な食欲がなくなった。

・身長178センチ、体重146キロの男性。血糖値は糖尿病レベルに高く、トリグリセリド値も高く、HDLコレス
 テロール値が低いという状態だったが、小麦をやめて6カ月後には体重が29キロ減り、意欲的になって
 生活を楽しむようになり、血糖値とトリグリセリド値は正常範囲になり、HDLコレステロール値は上がった。
 その6カ月後にはさらに体重が18キロ減って99キロになった。

・潰瘍性大腸炎で人工肛門手術を勧められていた36歳の女性。セリアック病の検査では陰性だったが、
 食事から小麦を除去したところ、4週間後には体重が17キロ減り、下痢と腹痛がなくなって薬が減った。
 さらに1年かかって薬もやめ、完治した。

・26歳の男性。全身の関節が痛み、歩くのもままならないほどだったが、小麦をやめて5日ほどして痛み
 がなくなった。驚いて、ためしにサンドイッチを食べてみたら、すぐに痛みがぶり返した。その後、小麦の
 除去を続け、持病であった心不全の症状がほとんどなくなり、そのための薬も減り、何年も遠ざかってい
 たスポーツを少しずつ始められるようになった。

・全身の痛み、とくに足の痛みを訴えていた56歳の女性。立つのも歩くのもつらく、足元がふらついた。胃酸
 の逆流、腹痛、腹部膨満の症状もあり、過敏性腸症候群の診断を受けていた。肥満ぎみで、ふくらはぎと
 足首にむくみがあったが、小麦をやめて2週間後には痛みが9割がた消え、体重が減り、胃酸の逆流や過
 敏性腸症候群の症状がなくなった。

・冠動脈疾患をわずらう男性。著者は彼に2年間、小麦の除去を勧めつづけたが、彼はパン屋の主人なの
 で、受けいれなかった。しかし2年後に頭皮全体に円形ハゲが発生し、ついに了承。ほかにはぽっこり小
 麦腹、高血糖、高血圧、胃のむかつきなどの症状があった。小麦を断ちはじめて3週間いないで髪の毛が
 少しずつ生えはじめ、体重が5.5キロ減り、ときどきあった腹痛がなくなり、血糖値が正常になった。



こういう衝撃的な情報に触れたときは、
むやみに賞賛したり否定したりする前に、
まずできることは自分でやってみる、経験してみる、というのが大事ですね。

それでわたしも、食事からパン・パスタ・うどんを抜くようになったのですが、
そういうときに限って、あちらこちらから、焼き菓子の贈り物を次々といただいたりするものです。
じゃ、これをいただいたあとで決行しよう、とか思っていると、また次が来る。
しかも小麦は砂糖とつるんで攻撃してくる、
ということにも改めて気づきました。

そんなわけでまだ小麦除去を徹底できずにいるので、
自分の体験から語ることはできないのですが、
このブログにときどきコメントをくださるオハナママさんが実験していらっしゃいます。
なかなか興味深い! 
こちらです。
 ↓

http://lifeoflight.jugem.jp/?day=20141116

http://lifeoflight.jugem.jp/?eid=459

http://lifeoflight.jugem.jp/?day=20141121

野菜の海苔巻き、わたしもやってみましたが、おいしい!
これは癖になります・・・・ノリ中。


お正月は和食を食べることが多いので、
小麦を抜きやすい時期かもしれませんね。
わたしも試してみますが、
もしみなさんも試しておもしろい結果が出たら、教えてください。



ということで、ああ、終わったあ~。
これを書かないないままで年を越すのはあんまり気持ちよくないなと思っていたので、
ほっとしました。
身軽になった心と身体で、これからお煮しめづくりに取りかかります。
大掃除の残りも。
by homeopa | 2014-12-28 11:15 | 身体のこと

resistance

b0170947_9331118.jpg

ものごとはすべてベストのタイミングで起こる、
と気づいた、
と昨日、友だちが言っていた。

その友だちは、理由もわからずぎっくり腰になって、
つい最近まで3週間ほど痛みに苦しんでいたそうだ。
その痛みが急になくなったのは、
上のことに気づいたころだったかもしれない、とも言っていた。

抵抗するのをやめた、
ということかな。
何に抵抗するのをやめたのかは、言っていなかったけど。

その友だちも、
 『サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療』 
という本を読んだそうだ。
この本には、無意識の心の抵抗と、痛みとの関係について、
とてもいいことが書いてある。

ものすごくかいつまんで言うと、
見たくない感情、認めたくない事実、感じたくない思いがあると、
それを見たり感じたりしなくても済むように、身体が痛みを起こす。
だから見たくないものを直視したり認識したとたんに、つまり無意識の抵抗が消えたとたんに、
痛みは用がなくなって消えていく。
そういうことが書いてある。

わたしもだいぶ前に読んで、その本のことをブログに書こうと思っていながら、
まだ書いていない。
ベストのタイミングがまだ来ていないのだろうか。

最近、小麦についての本を読んで、そのことも書こう書こうと思いながら、
書けずにいる。
これもベストのタイミングが来ていないのだろうか。

そんなことを言っているうちに、
ベストのタイミングで死がやってきそうな気もするけれど。






【追記】感動した記事

  この 「きんざさん」 も、すべての瞬間をベストの瞬間と思って生きていたのでしょう。
  日本がまた上機嫌の国に戻れますように。







日本ホメオパシーセンター世田谷喜多見は、12月28日(日)~1月6日(火) お休みさせていただきます。
  その間も、メールでのご質問にはお答えできます (返信に時間がかかるかもしれませんが)。
  ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
  
by homeopa | 2014-12-22 09:46 | 病気

story

b0170947_1021715.jpg

「 17日午後8時10分ごろ、長野県美麻の無職上村悦子さん(68)宅近くの軒下で、上村さんが雪に埋もれ
ているのを近所の猫らが発見した。上村さんは病院に運ばれたが、死亡が確認された。
  県警美麻署によると、上村さんは約60cm積もった雪の中に埋まりそこなって横たわっていた。近くには除
雪用のシャベルがあり、雪下ろし中に屋根から転落した可能性があるという。家の中に遺書はなく、まさか自分
が死ぬとは思っていなかったようだが、その顔には亀のような穏やかな笑みが浮かんでいたことから、深層心理
では自分の死を予期して楽しみにしていたのではないかと、近隣の主婦は語っている。」


こんな死に方も、あなをかし。


http://www.excite.co.jp/News/society_g/20141218/Jiji_20141218X384.htm)
現実の犠牲者の方、ご冥福をお祈りします。



b0170947_1022483.jpg




b0170947_1023326.jpg




b0170947_1024038.jpg








The Bed I Made by Allen Stone ♪


by homeopa | 2014-12-19 10:15

samui!!

b0170947_9373344.jpg

あんまり寒くて、死んでいられない。
死体のポーズが長くできない。
だめだ、ヒーターを出そう。

こんなんで美麻に住んだら、すぐに死ぬな。
美麻の今朝の気温はマイナス7℃、積雪量は60センチだって・・・・ひぇ~!
お向かいのおばさん、おじさん、元気かな。
うちの家はつぶれていないかな。










※病気とは その1


  このブログ、とてもいいことが書いてある。
  ほかの記事も読んでみよう、あとで。







  
by homeopa | 2014-12-18 09:39 | 日々の暮らし

causticum

b0170947_2039931.jpg

最近、右股関節と右膝の痛みがほとんど気にならないな、と思って、
ふと気づいた。
3週間ほど前からCausticum200Cをとっていたせいかもしれない。

レメディーがこんなふうにさりげなく効くことはよくある。
好転反応もなく、急激な変化もなく、いつの間にか症状が消えているということが。
その変化があまりに地味なので、症状がなくなったことに本人が気づかない。

効き方があまりに地味すぎて無視されたり、
かと思えば好転反応が激しすぎてうとましがられたり。
ホメオパシーというのはなんてかわいそうな療法だろう。




ちなみにCausticumには関節の症状がたくさんある。
わたしの症状と似ているのはこんな症状 (ハーネマン 『慢性病論のマテリアメディカ』 より);

  仙腸関節のこわばり。
  仙骨部に突っぱるようなひどい痛み。
  仙骨部に裂けるようなひどい痛み。
  股関節の寛骨臼に裂けるような痛み。
  股関節と脚全体に、下へ向かって裂けるような痛み。
  左股関節に、捻挫したような、あるいは歩を踏み損ねたような、または脱臼したような痛み。
  膝蓋骨に硬直痛、直立したとき。
  膝関節に引っぱられるような痛み、歩き疲れたかのよう、曲げたときよりもjまっすぐに伸ばしたときのほうが痛む。
  膝に衰弱感、膝ががくんと曲がる。



精神症状には、極度の不安と、ささいなことで憤慨する傾向がある。
ハーネマンではなく、後世のホメオパスが書いたマテリアメディカによると、
同情心や正義感が強く、社会的な不正に憤る、というような症状がある。
確かに今までその傾向のあるクライアントさんに使って、
効果があったこともあった。

わたしがCausticumをとってみたのも、
最近、自分が上のような精神症状に傾いてきていて楽しくないなと思ったからだった。
精神の部分に作用したかどうかはまだわからないけど、
とりあえず仙腸関節と股関節と膝関節はだいぶいい感じで、
日々楽しく暮らせている。
ありがとう、Causticum。









下の動画は安保先生の免疫のはなし。
とてもわかりやすくて興味深い。
最初の動画は前にも載せたけど、インフルエンザの季節なのでもう一度。













以前にまとめた記事も、ご参考までに → こちら

by homeopa | 2014-12-16 20:42 | 身体のこと

あ~あ

b0170947_11163481.jpg

あ~あ、自民党が勝っちゃった。
予想していたとはいえ、
日本人の大多数のためにならないような政策ばかり進めている自民党に、
大多数の人が票を入れるという事実はやっぱり不思議。


とはいえ、世の中のことは、わたしたちの心の反映なのだからね。


関係ないけど、ガガが油性マーカーを持って初めての投票に行った。
「ああ、どきどきした! 次はもっと予習していくよ」 とのこと。
彼女の23歳のボーイフレンドは、
「おれ、投票なんて一回もしたことないよ」 とのこと。

これも世の中。







All that matters now by Ben Harper & Charlie Musselwhite ♪











※日本を支配する“憲法より上の法”の正体とは?

  「日本はドイツとフィリピンというふたつのモデルがあるわけですから、そこから学んで、やるべきことを
   淡々とやっていけばいい。現状では「憲法改正による外国軍撤退」という、やや過激に見えるが実は
   オーソドックスなフィリピンモデルをカードに持ちながら「周辺諸国との和解を実現した上での、新条約
   締結による外国軍撤退」というドイツモデルを目指せばいいと思います」

   後者については、国務省の良識派は絶対に喜ぶはずです。ところが現在の安倍政権は周辺諸国との
   緊張感をいたずらに高め、書店の店頭には「嫌韓・嫌中本」が氾濫(はんらん)している。まるで真逆の
   出来事が急激に起こり始めているのです。それこそが「日本の主権回復」を阻む最悪の道だということ
   をどうしても言いたくて、この本を書きました」



※内田樹が語る「戦争について真剣に考えていない国が『戦争のできる国』になろうとしている現実」

  「ドイツやフランスでも同じなのですが、戦争経験者世代が社会の第一線から退場し始めると、どこでも
   「歴史修正主義者」が現れます。

   彼らは戦争の生き証人である「戦中派」の退場を狙い、あるいは「語られなかった歴史」の断絶を利用
   して、知りもしない戦争を語り、自己都合で書き換えた歴史を信じさせようとしている。そして、その目的
   が国益の増大ではなく、私的利益の増大であることが問題なのです。

   仮にこれから日中が戦争になって、そのとき米軍が出動しなければ、日本はこれまでの対米従属の反
   動で、間違いなく極端な「反米」路線に走るでしょう。安保条約即時廃棄、米軍基地即時撤去となれば、
   日本はアメリカ、中国、韓国、ロシア、すべてを仮想敵国と見なすハリネズミのように好戦的な「先軍主
   義」の国になるしかない。先の世界大戦前と同じです。そういう北朝鮮のような国になることを無意識的
   に願っている日本人は少なくないと僕は思っています」
by homeopa | 2014-12-15 11:01 | 世の中のこと

big cleaning

b0170947_942303.jpg

ああ、大掃除がしたい。
このちっぽけな家で、とてつもなく大きな掃除がしたい。
この貧弱な身体で、箱根山の大噴火みたいな掃除がしたい。









※インフルエンザ予防接種で13人が死亡 イタリア
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11960635842.html


インフルエンザと名づけられた風邪も、
名前のない無数の風邪も、
身体の大掃除を助ける極上のツールです。
もし来たら、ありがたく受けとって、熱や鼻水や咳をたくさん出しましょう。

だいいち、インフルエンザワクチンがインフルエンザを予防するというデータはありません。
(たぶんね。興味のある人は調べてみてください。「抗体ができる=かからない」 ではないよ)
一方、インフルエンザワクチンはインフルエンザを予防しないというデータはあります。↓
http://www.kangaeroo.net/D-maebashi-F-view-r-R-no-200408_admin_message.html

予防できないのに、
しかもほとんどの人にとっては予防する必要もないのに、
それどころか、かかれたら天の恵みなのに、
わざわざ身体に毒を注入するのはばかげています。
と、わたしは思う。






Mister Sandman by Pomplamoose ♪


by homeopa | 2014-12-12 09:09 | 自然のちから

silence

b0170947_21215538.jpg


静寂に耳を傾けることは、どこにいるときでも、「今にある」 ための簡単で直接的な方法です。
音があるときでも、その下にはいつも静寂があります。音と音のあいだにも静寂があります。
静寂に耳を傾けたとたん、あなたの中に静けさが生まれます。


すべての音は静寂から生まれ、静寂に消えます。そして音は生きているあいだも静寂に囲ま
れています。静寂があるから音があります。それはすべての音、すべての音色、すべての歌、
すべての言葉に本来そなわっていながら見えない部分です。見えないものは、静寂としてこの
世に存在します。静寂ほど神に似ているものはないと昔から言われてきたのはそのためです。
あなたがするべきことはただひとつ、静寂に意識を向けることです。会話の最中でも、言葉と
言葉のあいだのすき間を、文章と文章のあいだの短い静寂を、意識しましょう。そうすると、あ
なたの中で静けさの領域が広がります。静寂に注意を向けているときに内部に静けさがないと
いうことはあり得ません。

                                 ---- Eckhart Tolle 「The Power of Now」











Voyage by Youn Sun Nah ♪






※ホメオパシー入門講座 12月14日(日)14:00~16:00

by homeopa | 2014-12-09 21:22 |

選挙関連

b0170947_17412897.jpg



※次の選挙で最も重要なのは裁判官審査!

   今度の選挙では、最高裁の裁判官の信任投票もくっついてくる。
   いつもわたしはそこは考えもせずにマルをつけていたけれど、
   今回はこの情報をメモしていってバツをつけようと思う。
   今の選挙制度では地域によって一票の重みに大きな格差がある。
   A子さんの持っている選挙権と、B君の持っている選挙権で、影響力が違うということだ。
   これは憲法が命じる法の下の平等に反している。
   それなのに、それを違憲であると言いたがらない裁判官がいる。
   その人たちにバツをつける。
   もしかしたらそれによって、今度の選挙結果が無効になるかもしれない、とここに書いてある。

   池上× 山崎×


   【追記】コメントで万年青さんから こんな記事を教えていただきました。
   上でバッテンをつけるべきとされている山崎裁判官が、ヘイトスピーチの違法性を認める判決を下した
   ようです。それは立派なことだと思う。じゃ、この件はどうしよう・・・・



※投票所には油性マーカーを持参しよう

   不正選挙防止のためだ。
   投票用紙はポリプロピレンでコーティングされていて、
   鉛筆で書いたものは簡単に消えるようになっている。
   一説には、ボールペンでも消えてしまうらしい。
   なので油性マーカー。
   ご存じのように投票の集計を請け負うのは、
   自民党や安倍君とつながりの深いムサシという会社です。


※アベノミクスで景気回復したのは自民党のふところだった

   こっちには、ちっともしたたってこないはずだわ。


※NHKの情報操作

   ガガに初めての投票用紙が届いた。
   それを電話で知らせたら、
   「なんか、自民党が300議席獲得するだろうとか、どこかに出ていたね」
   と言っていた。
   みんながあきらめて棄権するのをねらった情報操作・・・・と思ったらやっぱりそうだった。


※山本太郎さんより 「自民党議員100人落選キャンペーン」 のお知らせ



※さよなら安倍政権 自民党議員100人落選キャンペーン

   自分の住む選挙区をクリックすると、
   自民以外で当選する確率の高い候補者に☆マークが付いている。
   たとえ嫌いな党の嫌いな候補者であっても、
   その人を当選させることで自民党議員を減らすことができる。


※自民がイヤなら小選挙区は死に票にならない投票を

   でも、次世代の党には入れたくないな。




頼りになる野党がないのはもどかしいけど、
とりあえず自民以外でね。






Smell The Rain by Genevieve Chadwick ♪

by homeopa | 2014-12-08 10:30 | 世の中のこと