pimboke6

<   2013年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

senses of others

b0170947_9325751.jpg


ほとんどすべての生物は、生命にかかわる刺激を実際に直接体験している。
ところが人間は、脳がもつ知覚を 「学習する」 力が大変に進んでいる。
そのため、わたしたちは他人から間接的に知覚の仕方を教わることがある。
ひとたび他人の知覚を受けいれ、それが 「真実」 だと思ってしまうと、
他人の知覚が自分の脳内の回路として固定してしまい、
自分の真実となってしまう。
                    ---- ブルース・リプトン 「思考のすごい力」



b0170947_16472945.jpg

夏のあいだ、敷き布団の下にマットレスを敷かずに布団一枚で寝ていた。
そのほうが涼しいから。
そして天候が涼しくなって、またマットレスを敷くようになったら、
朝起きたときに腰が重い。
微妙に腰が沈んだ姿勢で寝つづけることがいけないのではないかと思った。
もしかしたら布団も敷かないほうがいいのかな?
必要に駆られてだんだん野宿向けの身体ができつつあるのかな?




Hole In My Pocket by Ruthie Foster ♪








※ステロイドの危険性



※皮膚疾患とステロイド
  こちらもご参考までに。
by homeopa | 2013-09-30 09:51 | 格言

god gives us weight

b0170947_8473178.jpg

ガガがGTECという英語テストの結果と、
体力測定の結果を、
ふたつ同時にもって帰ってきた。

体力測定っていうのは、身長体重のほかに、
走る速度、投げる力、握る力、反復横跳びの能力、シャトルランの能力、
体を前に曲げる能力、体を後ろにそらして持ちあげる能力、立った状態から遠くに跳ねる能力、
などを測るらしい。
(わたしもこういう測定で自分の崩壊度を測ってみたいな)

ガガは、英語テストは目玉が飛びでるほどすばらしい点数だったのに、
体力測定は、Dという判定だった。
しかも身長に対する体重の比率がかなり大きい。
(具体的な数字は絶対に書くなと言われたのでこのあいまいな表現)

わたしは月並みな格言でなぐさめた。「天は二物を与えずってね」
ガガは月並みでないツッコミで答えた。「体重ばっかり与えやがって!」

座布団2枚。

かつては毎日バスケなんかやっていただけに、
Dの判定はショックだったらしく、
それからひとしきり愚痴をこぼした。
ウサイン・ボルトが100メートル走るあいだに、自分は50メートルしか走れないとか。
反復横跳びは身体にとって意味不明だったとか、
受験が終わったらケーキのホール食いしようと思ってたけど、だめかとか・・・・

そして急にぱっと顔を輝かせて、言った。
「でも考えたらDは最低じゃないじゃん! まだEがあるじゃん!」

基準を下げるのは、幸福の最大の秘訣である。

あとひとつしか下げられないけど。






ときどき思いだそうと思ってアップ。
ところどころ、うっとおしいけど、覚えておきたいこともたくさん。

 「誰も見ていないかのごとく自由に踊りましょう。
  誰も聞いていないかのごとくのびやかに歌いましょう。
  あたかもここが地上の天国であるかのごとく、生きて、生き抜きましょう。
  かつて一度も傷ついたことがないかのごとく、人を愛しましょう」









ホメオパシー入門講座のお知らせ 9月29日(日)AM10:00~12:00
by homeopa | 2013-09-27 08:45 | ボケ

GMT

b0170947_21451258.jpg

雨上がりの朝の待宵草。


そして写真とは関係なく、
曼珠沙華で有名な西武線の高麗 (こま) というところに行ってきた。

ふと思いついて電車に乗って、
本を読んだり、居眠りしたり、また本を読んだりして、長い旅路をのんびりと楽しく過ごし、
最寄り駅に着いたと思ったら、
新宿並みの人ごみ。
それも中高年ばっかり。
ああ、来るんじゃなかったと、とたんに後悔した。

みんなが行くところには行きたがらないというこの性格、
不自由だわあ。

それでもせっかく来たからいちおう見ておくかと、
中高年の群れからなるべく離れるようにして歩きだした。
自分は中高年ではないと主張するかのように。

道のあちこちに、この時期に稼いでおかねばとばかり、露店が並んでいて、
いろいろなものを売っている。

かわいい花なす、カラフルなかぼちゃ、稲穂、曼珠沙華の球根、
キムチ (このあたりはかつて朝鮮の方たちがたくさん移住してきた場所らしい。だからこの地名?)、
金ごま、ジャム、ゆず、柿・・・・

ある露店で、にんにくと唐辛子の横に、大きな文字で得意げに 「GMT製品」 と書いてあった。
うわ、GMO (遺伝子組み換え食品) を売り文句にしてる!
しかもスペル間違えて!
と興奮して、
まず写真を撮ってから、いちおうきいてみた。
「このGMT製品て、何ですか?」

ひからびた顔のおじさんが、にこりともせず言った。
「じ・も・との製品だよ」

座布団2枚かな、悔しいけど。




b0170947_21452962.jpg

曼珠沙華はすごかった。
かなりいい写真が撮れたと思う。
でも中高年がうっとおしかった。
これは同種の法則?

詩と夢のある中高年になりたいものだ、今度また生まれてきたら。







※泉田新潟県知事9/5メディア懇談会
  とても大事なことをまっすぐに語っておられます。
  こういう人に首相になってほしいです。



(全文書き起こしをしてくださった方がいます。こちら)





※納豆菌から開発した水質浄化剤で開発途上国を支援
  日本の中小企業はえらい!
  セシウムだって吸着する。



※農薬の“ドサクサ”規制緩和で子どもが危ない
  メタミドホスが空からばらまかれている。



※脱原発に踏み込んだヤツコ前NRC委員長 







ホメオパシー入門講座のお知らせ 9月29日(日)AM10:00~12:00
by homeopa | 2013-09-25 08:41 | おもしろいこと

向精神薬をめぐる問題

b0170947_21194284.jpg

狂気なしに生きる者は、自分で思うほど賢者ではない。
                    ---- ラ・ロシュフコー


人は年をとるにつれて、いっそう物狂おしくなり、
またいっそう賢明になる。
                   ---- ラ・ロシュフコー







堤未果 x 内海聡「向精神薬をめぐる問題」2013.09.18

とても大事なおはなし。以下、内容の概略です。


・精神科で処方される向精神薬によって薬物依存症になった患者の割合が、
 2000年から2012年の間に約2倍にふえた。

・向精神薬は、覚醒剤や麻薬などの違法ドラッグと、作用機序は同じであり、
 禁断症状も後遺症も変わりがない。成分もほとんど一緒。
 にもかかわらず、違うもののように扱われている。

・日本では、向精神薬の処方率がとても高い。多剤大量処方。そして若年層に処方される割合も多い。

・二種類の薬で副作用は二倍ではなく、三倍、四倍になる。

・子供によく使われるリタリンなどは、覚醒剤にとても近い薬剤。

・自死遺族連絡会の調査によると、自殺者の70パーセントは精神科の薬を飲んでいた。
 特に飛び降り自殺者は100パーセント薬を服用していた。

・海外では、薬(とくに抗うつ剤)が自殺・他殺を引き起こすということが知られ、
 そのような薬の薬害裁判で製薬会社が敗訴することが多い
 (自殺行動を誘発する、依存性が強いなどの理由で)。
 しかし日本ではそのことがあまり知られていない。

・患者に薬が効かなくても、減らされることはほとんどない。むしろ処方薬はどんどん増えていく。

・日本の精神病院では、薬の副作用についての説明は全くされていない。
 ある抗うつ薬の添付文書には、「効果はプラセボと比べて有意さが確認できなかった」
 「自殺が増えるので注意するように」「錯乱・幻覚などの副作用がある。その発生率は70~75%」
 などと書いてある。

・これらの情報を大手メディアが流すのはむずかしい。
 海外でもそれは同じだが、市民団体などの力が大きいので、この情報をかき消しづらい。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


ちなみに、日本で使われている抗うつ剤ジェイゾロフトについて、
医療用医薬品の添付文書情報サイトで調べてみました。
こんなことが書いてあります。(以下、コピペ)


小児等への投与
1. 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は国内で確立していない(使用経験がない)。
2. *海外で実施された6~17歳の大うつ病性障害(DSM-IV※における分類)を対象としたプラセボ対照二重盲検比較試験において有効性が確認できなかったとの報告がある。また、本剤群でみられた自殺企図[1.1%(2/189例)]は、プラセボ群[1.1%(2/184例)]と同様であり、自殺念慮は本剤群で1.6%(3/189例)にみられた。これらの事象と本剤との関連性は明らかではない10)(海外において本剤は小児大うつ病性障害患者に対する適応を有していない)。
※DSM-IV:American Psychiatric Association(米国精神医学会)のDiagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders,4th edition(DSM-IV精神疾患の診断・統計マニュアル)

重要な基本的注意
1. うつ症状を呈する患者は希死念慮があり、自殺企図のおそれがあるので、このような患者は投与開始早期ならびに投与量を変更する際には患者の状態及び病態の変化を注意深く観察すること。
2. 不安、焦燥、興奮、パニック発作、不眠、易刺激性、敵意、攻撃性、衝動性、アカシジア/精神運動不穏、軽躁、躁病等があらわれることが報告されている。また、因果関係は明らかではないが、これらの症状・行動を来した症例において、基礎疾患の悪化又は自殺念慮、自殺企図、他害行為が報告されている。患者の状態及び病態の変化を注意深く観察するとともに、これらの症状の増悪が観察された場合には、服薬量を増量せず、徐々に減量し、中止するなど適切な処置を行うこと。
3. 自殺目的での過量服用を防ぐため、自殺傾向が認められる患者に処方する場合には、1回分の処方日数を最小限にとどめること。
4. 家族等に自殺念慮や自殺企図、興奮、攻撃性、易刺激性等の行動の変化及び基礎疾患悪化があらわれるリスク等について十分説明を行い、医師と緊密に連絡を取り合うよう指導すること。
5. 眠気、めまい等があらわれることがあるので、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には十分注意させること。
6. 投与中止(突然の中止)により、不安、焦燥、興奮、浮動性めまい、錯感覚、頭痛及び悪心等があらわれることが報告されている。投与を中止する場合には、突然の中止を避け、患者の状態を観察しながら徐々に減量すること。


重大な副作用
1. セロトニン症候群(頻度不明注))不安、焦燥、興奮、錯乱、発汗、下痢、発熱、高血圧、固縮、頻脈、ミオクロヌス、自律神経不安定等があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行うこと。
2. 悪性症候群(頻度不明注))無動緘黙、強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗等が発現し、それに引き続き発熱がみられる場合がある。抗精神病剤との併用時にあらわれることが多いため、特に注意すること。異常が認められた場合には、抗精神病剤及び本剤の投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行うこと。本症発現時には、白血球の増加や血清CK(CPK)の上昇がみられることが多く、また、ミオグロビン尿を伴う腎機能の低下がみられることがある。
3. 痙攣(頻度不明注))、昏睡(頻度不明注))痙攣、昏睡があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
4. 肝機能障害(頻度不明注))肝不全、肝炎、黄疸があらわれることがあるので、必要に応じて肝機能検査を行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
5. 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)(頻度不明注))低ナトリウム血症、低浸透圧血症、尿中ナトリウム排泄量の増加、高張尿、痙攣、意識障害等を伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、水分摂取の制限等適切な処置を行うこと。
6. 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)(頻度不明注))中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。
7. アナフィラキシー(頻度不明注))アナフィラキシー(呼吸困難、喘鳴、血管浮腫等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
8. **QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)(頻度不明注)) QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
注:自発報告又は海外での報告のため頻度不明
(コピペおわり)






※ホメオパシー入門講座のお知らせ 9月29日(日)AM10:00~12:00
by homeopa | 2013-09-22 22:07 | くすり

第10回東京平和映画際

b0170947_22202275.jpg

東京平和映画際に行ってきました。
わたしは今回がはじめてでしたが、
10年も前から続いているとか。

とても充実した内容で、300人収容の会場が満席になる大盛況。
明日はもう予約完売ですが、
明後日(23日)はまだ空席があるそうです。

明後日(23日)のラインナップのなかで、
わたしが以前に見て、もう一度見たいと思うすばらしい映画があります。
『カンタ!ティモール』
今日もらってきたパンフに載っていた、監督のことばをご紹介しておきます。

    ティモールの島は、犬は犬らしく道を歩き、牛は牛らしく野山に寝そべり、
    人は人らしく助け合い、笑い、歌っていました。
    誰に教わらなくても、命が一連なりにあることが感じられる暮らしの中で子どもたちが育っていました。
    迫り来る軍に対して、彼らの大きな手段は対話でした。
    殺されても殺されても 「軍の行いは間違っている」 と言い続けた人々の姿は、
    何百年も生きるひとつの生命体が平和の絵を描いているようでした。
    その力はいのちそのものかもしれません。
    そして私たちの中に流れる力でもあるのだと、私は信じます。

下は以前の上映会での監督の談話。







今日は遅れて行ったので、『ショックドクトリン』 は見られなかったのですが、
次の 『戦争案内』 は見ることができました。
映画としての美しさや感動という点ではいまひとつでしたが、
今まで知らなかった事実をたくさん知ることができて、
納得したり、びっくりしたり、考えさせられたりしました。

日本がこの前の大戦に突っ走っていった最大の理由が、
日系大企業(財閥)の利潤追求であった、ということが、
多くの取材や資料をもとに語られています。
これは、この前読んだ半藤利一著 「昭和史」 にはほとんど書かれていなかったことで、
やっと謎が解けたような気がしました。

アジア諸国で日本の企業の行ったことが、
まさに今米国の大企業が第三諸国でやっていることと重なって見えました。
利益のために、企業の社員である一般人が自警団となり、
自社の利益を妨害する現地の人々を殺したり、
日本企業に対して規制を行う現地政府に賠償金を請求したり。
TPPのISD条項も真っ青。

しかも日本企業による同じような横暴なふるまいが、現在もアジア各地で行われている。
たとえば製造過程で出る放射性物質を原っぱに野ざらしで置いておいたり。
米軍が油田開発のために近くの村に爆弾を落として住民を追いはらったあと、
その聖なる森に生えていた木々を、日本企業が伐採して輸入したり。
同じ日本人として、穴に入りたい気持ちです。


パンフレットから、故・高岩仁監督の言葉を下に紹介しておきます。

   戦争の原因! 戦争はだれが必要として起こすのか。
   いままで、学校教育でも平和運動の中でも、日本が過去に何度も起こしてきた戦争について、
   その原因をちゃんと明らかにしたことがあったでしょうか。
   最近になってやっと加害のことが追究されるようになりましたが、
   これまでは戦争の悲惨さ、残虐性の追究が主で、
   戦争が引き起こされる原因については、あまり追究されてこなかったのではないでしょうか。

   戦争の原因の追究という仕事は、私の以前からの一つの重いテーマでしたが、
   その過程でドイツの文学者ベルトルト・ブレヒトの作品 『戦争案内』 (第二次大戦を前後して撮られた
   さまざまな写真と、自身の四行詩を組み合わせた写真集) との出会いがありました。

   ブレヒトは、ファシズム・軍国主義というものは、
   資本主義が必要としたときに生み出されるもので、
   資本主義が存在する限り、それが再び這い出してくる可能性があることを、厳しく警告していました。
   また 「資本主義体制は、その体勢を広めたり維持したりしていくために、必ず暴力を必要とします。
   暴力など使わなくても、資本主義体制は維持できるはずだという人がいますが、
   それは真実ではありません」 とも述べています。
   最近のアメリカによる無茶苦茶な軍事力行使、
   それに追随しながら自分も戦争できる国になろうとしている日本の資本家と政治家の動きなどを見ると、
   この言葉の持つ意味を、あらためて痛感させられます。


自民党が憲法第9条を変えようとしているようですが、
わたしは反対です。
そのいちばんの理由は、
わが子を含む次世代の人々を戦争に巻きこみたくないということですが、
この映画を見て、日本がまた加害者になるのを見たくないという気持ちも強くなりました。









      
by homeopa | 2013-09-21 22:20 | 映画

breeze

b0170947_21273159.jpg

朝夕の微風がほんとに気持ちいいこのごろ。

先日、母を車椅子で外に連れだしたら、
日陰で微風に吹かれて気持ちがいいのか、
あっちこっち、空のほうを指さしながら、なんだ、かんだと、しきりに話しかけてくる。
その大半は、宇宙語で、地球人のわたしには意味不明。
わたしには見えない何かを見ていたんだろうか?
そして目は笑っていた。

「寒くない? そろそろ中に入ろうか?」
「いやあ、まだいいよ!」

というやりとりが5回ぐらいあった。
それくらい外の空気が気持ちよかったらしい。

9月の微風のおかげで、ひさしぶりに心が通ったひとときだった。
Thank you, breeze.



b0170947_21271658.jpg




Empress Jahqueen is Playing for Change " Mota Benama" ♪







※地球の水を一カ所に集めたら
 へ? これっぽっち?


※合成界面活性剤 人体への悪影響!

by homeopa | 2013-09-20 16:25 | 自然のちから

fungus

b0170947_1075421.jpg

朝の散歩のときに、若杉ばあちゃんの本に出ていた 「ホシノシズク」 という草を見つけて、
夕飯のおかずにと、もらってきた。
その調理法を知ろうと、若杉ばあちゃんの本を取りだしてぺらぺらめくっていたら、
こんな言葉に出会ったので、ちょっと覚え書き。

本というのは面白いもので、
同じ本でも読むときによって、頭に入ってくる言葉がちがう。
この部分も、前に読んだときは素通りしていたらしい。(以下 引用)

          ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

人間はすごく陽性な生き物で、36.5度の体温をもつ高温動物。
そしてまた涙、汗、おしっこ……。
からだから出るあらゆるものに塩気があるから、高塩動物でもある。
陽性の体温を持っている人間が、陽性の赤い血と肉と体温を持った動物の肉を食べると、
血液が酸化現象を起こし、高カロリーのカロリー過多になって、
炎症を起こすようになる。
人間の陽性と、陽性の動物によって、口内炎、歯肉炎、胃炎、肝炎、腎炎……
からだじゅうの病気が出てくる。あたりまえのこと。
陽性な人間が陽性の肉を食べることによって、炎症を起こし、
これがさらに進んでいくと、「災い」になる。
災いは自分でつくっている。
「災」という字は、上に「く」(苦)が三つ重なる、苦の連続。
この災いがさらに大きくなったのが、災難。
今まさに災難時代。
だから、病気も不安もよそから来る、と思ったら大きな間違い。
一人ひとりがつくっている。
「病気から逃れられますように」「不幸がなくなりますように」
て神仏に念じたところで、何も解決しない。
食べることで招いた災いは、食べることで治していかなければ。
まずは食を変えるところから。
災いの元となる炎症を起こさないようにするには、喰い改めるしかないね
――私はそう考えている。(引用おわり)

    ※  ※  ※  ※  ※  ※

この災いというのは、たぶん自分の身体のことだけではないんだろうな、と思った。
身体の災いは心にも及ぶし、
自分の災いはまわりの物事人にも及ぶから。

食べ物については、いろんな人がいろんなことを言っていて、
「正解」 を求めると、永遠に心が休まらない。

わたしは、自分に合う食べ物は人それぞれで全然ちがうと思っているので、
もしかしたら肉が合う人もいるんじゃないかと思う。
わたし自身は肉は嫌いなので食べないけど。

ただその肉も、むかしの肉ね。
あるいは野生の肉。
いま世の中に流通している肉は、肉になるまでの過程が残酷すぎるし、
ホルモンやら抗生物質やらたくさん使われているから、
たぶんだれにとってもあまりいい食料ではない。

何はともあれ、最後の部分にはとても同感。
 「だから、病気も不安もよそから来る、と思ったら大きな間違い。
  一人ひとりがつくっている」




b0170947_1032944.jpg





これは昨日の夕方の空。
秋だねー。
b0170947_8153950.jpg







今日は話題がコロコロ変わるけど、
この動画。カビやキノコが面白い!
(あとで内容の要約を書き出そうと思うけど・・・・)

by homeopa | 2013-09-18 08:19 | 自然のちから

sepia

b0170947_61749100.jpg

今日のホメオパシー茶話会は、
台風のどしゃぶりにも関わらず、三人もお客さんが来てくださった。
ありがたや、ありがたや。



そして久しぶりのレメディー体験。

2週間ほど前から、右上奥の歯が痛みはじめた。
歯というより、歯の根っこの歯茎かもしれない。

わたしは歯はけっこう丈夫なほうで、
虫歯で治療した歯が2本しかないのが自慢である。
それでも今までに歯が3本抜けている。
どれも歯そのものは元気だったのに、歯茎が弱って抜けた。
だから今度もきっとそうかなーと思っていた。

痛みはしだいに強くなって、
そのうちものを噛むのがつらくなってきた。
虫歯のような鋭く激しい神経の痛みではなくて、
鈍い痛み。

別の側の歯だけ使っておそるおそるものを噛んでいるわたしを見て、
「歯医者に行けば」 とガガは何度も言った。
噛むことに必死で、はなしもろくに聞かないのがつまらないという。
でももちろん、わたしは行きたくなかった。

だいいち、この状態で歯医者に何ができる?
虫歯だったら、歯を削って詰め物を入れるとかするんだろうけど、
歯根の歯肉が炎症を起こしたり膿んだりしているとすれば、
どんな選択肢があるんだろう?
注射で歯茎に抗生物質を入れる?
歯茎を切開して抗生物質を塗る?
歯を抜いて患部を開く?
何もせず鎮痛剤と抗生剤を処方する?

病院に行ったら何をしてもらえるだろう?
と考えて、
やっても仕方のないこと、
やったほうが体に負担がかかること、
しか思い浮かばず、
病院に行くという選択肢が消えることはよくある。

この場合もそうだった。

でもガガは、わたしが歯医者に行かないのは怖いからだと思っている。
ふつうなら向きになって説明するところだが、
噛むのに必死でそんなエネルギーはない。
少し真実だし。

そんなわけで真剣にレメディーを選んでみた。
上の歯、臼歯、歯痛、咀嚼で悪化、
上の歯肉、内側の歯肉、炎症の腫れ、内側部分に圧するような痛み。

これだけの症状に合うのはSepiaだった。
そして先日の強化学習で教わったとおり、
同じ症状をカバーする抗疥癬レメディー、Calc も加えてみた。
Sep も抗疥癬レメディーだけど、念のため。

このふたつを一緒に水に溶かしてちびちびとっていたら、
30分後、歯茎が硬くぽっこり腫れあがって痛みが増し、
顎下のリンパ腺もぐりぐりして痛くなった。
ほっぺたも押すと痛い。

やったー! と思いながら、その日は寝て、
翌朝起きてもまだ同じ状態。
でもその日の夕方、ふと気づいたら腫れと痛みが引いていた。
パンパンに張っていた粘膜がゆるんだので、
ぶよぶよして、そこからしょっぱい液体が出てくる。
夜寝る前に歯磨きしたら、血がたくさん出た。

それから2日後の今、
歯茎の腫れは完全にひき、舌で押しても痛まない。
噛みしめるとまだ少しうずくけど、噛める。
やぶけた粘膜の修復を早めるため、
今は上のふたつのレメディーにカレンデュラのチンキを加えてとっている。

ふふ、歯医者に行かなくてよかった。

それにしてもSepia、すごいなと思って、
マテリアメディカを見てみたら、
歯茎や歯の症状がたーくさんある。

勉強しなくちゃ。



(これは最近わたしがレメディーをトンシャカするのに使っている、焼酎の空き瓶。
ペットボトルよりずっとおいしい気がする。Sepもこれで)
b0170947_2054361.jpg






※人間と微生物は一心同体? やっと認められた働き者のヒトミクロビオーム

「2000年、ノーベル賞受賞者であるJoshua Lederbergが、細菌との戦いを煽ってきた「人間が善、細菌が悪」という考え方を止めるよう呼び掛け「宿主とその寄生生物は、それぞれのゲノムが結び付いてキメラのような状態になっている超個体(superorganism)と見なすべきである」とScienceで述べた」

「体内の細胞の90%は微生物である。腸内だけでも1,000種もの微生物が生息し、それらが持つ遺伝子の数は私たち自身のDNAが持つ遺伝子の数の100倍にもおよぶ。病原となる微生物も少数存在するが、大半は片利共生的で、人体を生息場所にしているに過ぎない。それらは総称してヒトミクロビオームの名で知られている。同様に、一部のウイルスも人体に住み着いてウイルスメタゲノムを形成している。それによる健康および病気への影響に関しては、研究は始まったばかりである」






9月16日台風のあとの夕焼け!
b0170947_20552912.jpg
by homeopa | 2013-09-15 14:58 | 身体のこと

秘密保全法

b0170947_2124998.jpg

どんぐり!

今朝の散歩の収穫。
どんぐりには渋いのと渋くないのがある。
この前少し拾ってきて食べてみたら、渋くなかったので、
今朝もっと拾ってきた。

炒ったのを、おやつに食べてもいいけど、
そうだ、どんぐりご飯にしよう、と思って、
でも栗みたいに皮をむけないから (器用な人がやったらむけるのかな?)、
まず炒って、それを割って中身を出して、
それをこぶ出汁と人参と油揚げの炊き込みご飯にまぜることにした。

で、食べてみたら、
うーん、どんぐりだけ硬くて、人参と油揚げとご飯の仲良しグループに入っていけない。
お母さんたちの集まりに参加したわたしみたいだ。
そして一緒に炊かなかったから、
ご飯にどんぐりの個性が染みわたらない。
お母さんたちの集まりで何の役にも立たないわたしみたいだ。

でも、まずいとか言うのは悔しいから、
うまいふりをして食べた。

ガガはもっと正直で、スプーン二杯分ぐらいしか食べなかった。

つくったあとで何だけど、
ネットで調べてみたら、どんぐりご飯の作り方とか、ちゃんと出ている。
炒ったものでも、お米と一緒に炊けばよかったんだ。
生のものも、ペンチで殻を割れば中身が取りだせるらしい。
栗のイメージから、包丁で皮をむかなければ、という固定観念にしばられていたことが敗因だな。

そう、何に関しても固定観念はソンのもと。
というのが今回の教訓。

どんぐりのキーワードでちょこっとネットサーフィンしたら、
どんぐりからキノコを育てたり、デンプンをつくって、それでゼリーをつくったりしている、
どんぐりオタクのサイトを見つけた。
http://kurousaleon.blog39.fc2.com/

何にでも専門家っているもんだ。

炒ったのがまだあるから、明日はご飯と一緒に炊いてみよう。
どんぐりコーヒーとかもおいしそうだし。





"※秘密保全法という恐ろしい法律が提案されている
  安倍自民党はこの法案を秋に国会に提出するつもりです。
  もう秋だわね。

(上の内容の最初のほうを下に転載。詳しいことはリンクをクリックしてね)

この法律ができても、一般市民には関係ない、と思ったら、大まちがい。
国民の関心が高い普天間基地、自衛隊の海外派遣などの軍事・防衛問題、
わたしたちの生活にかかわりの深い、TPP、核廃絶などの外交問題、
そしていまわたしたちが一番不安に思っている、
原子力発電所の安全性や放射線被ばくの実体、健康への影響などの情報が、
み~んな、政府の都合によって「特別秘密」にされてしまうかも!

政府に何でもお任せで大丈夫なら、それでもいいでしょう。
でも、世界中、どこにもそんな政府はありません。
私たちが国の主人公(国民主権)。
大事な社会問題はみんなで考える。
そのため物事が決まるまでに時間がかかる、
いつも理想の結論を出すわけではない、
まちがったら、またみんなで考え直す。
それが民主主義。
大事な情報が秘密にされれば、国民主権も民主主義も名ばかりになります。
秘密保全法は、国民主権・民主主義の的です。

わたしたち日本弁護士連合会は、
憲法の3大原則である国民主権主義・恒久平和主義・基本的人権尊重主義を
根底から破壊する「秘密保全法」に、反対します。
(転載おわり)


※秘密保全法に関する日弁連のページ


※動画:日比野敏陽さん「秘密保全法で記者も捕まる、あなたも捕まる」

「すべての戦争は、秘密からはじまる」
「政府が何かを隠そうとするときは、戦争への意図がある」


秘密保全法に関するパブリックコメント募集中
  ただ「反対します」「絶対に反対です」だけでもいいそうです。
  17日〆切です。
 






ホメオパシー茶話会やります。9月15日10:00~12:00
by homeopa | 2013-09-13 21:24 | 世の中のこと

fukuoka masanobu

b0170947_16573014.jpg

ほかの人が自分よりずっとデキると知って、
ガガはこう言った。

「エベレストを前にした富士山みたいな気持ち」

富士山になるところがいいね。
わたしだったら箱根の金時山。






ひょんなきっかけで見つけた福岡正信さんのインタビュー動画。


(談話から抜粋)

結核と診断されて、死のうと思って線路の上の崖に行ったが死ねず、
いつの間にか眠ってしまった。
そして朝、ゴイサギのぎゃーっという声で目覚めた。
それだけ。
(このときにすべてがひっくり返った)

今まで握りしめていたこと、自分の肉体とか、心とか、精神とか、命とか、
こんなものは消し飛んでしもたんです。
生きているとか死ぬるとかいうことは相対的でしょ。
死ぬる死ぬるで驚いていたけど、
おまえは生きていたんでも何でもないんだよと、
死も生も一緒だよと。

森羅万象、人間が錯覚を起こしているということに気づいた。
人間の知恵はまったく役に立たない、反対だと気づいたんです。

何が狂っているかというと、人間は分別でしょう。
頭の中でものを分ける。白い、黒い、黄色い、緑と、分けて言う。
分けたらだめだということですね。
一真法界というのは、動物も植物も犬も猫も、あらゆるものが、人間も、
平等で一心一体で、心もひとつ、体もひとつなのに、
それが違ったように見える。
人間は考えの原点が狂っているということでしょうね。

あらゆるものは人間がつくるんではなくて、
自然がつくっているんですね。
自然以上のものがつくれると思ったのが錯覚なんですね。

90歳になってやっと自然の心がわかってきた。

赤道から北40度までのあたりは、
いちばん緑が多くて豊かで文明も栄えているが、
そこがいちばん砂漠が多い。
大昔はそこに緑があった。
今このあたりには栽培している人口の緑は多いが、非常にもろい。

(なぜ砂漠化が起こるか)
人間の知恵は自然の智恵じゃないでしょう。
商業的に価値が高いものをつくっているでしょう。
自然を追い出してしまっているんですよ。
人間の価値が高いものは、自然を滅ぼすようなものしかない。
人間のすることなすこと反自然なんです。

(世界中で粘土団子を蒔いてきたはなし)
子供がね、いちばん先に蒔くんです。
いちばん遅いのは大学の農学部。

砂漠でも5年もしたら緑になってくるんです。
30カ国に行ったけど、失敗した国はない。
アフリカあたりは(泥団子を蒔いたら)いちばん先に天国になるんじゃないかな。
(砂の砂漠はそうはいかないのでは?)
あのね、砂漠は昔はそうじゃなかったんです。
文明国が砂漠をこしらえたんです。

西洋ではみんな水の危機を感じているから、
(粘土団子を蒔くのに)熱心ですよ。
日本は水の危機を感じていないから、自分は役に立たんです。

(おわり)



福岡さんが90まで生きないとわからなかったのなら、
わたしは何歳まで生きなきゃいけないんだろう。
今生もわからずに終わるのかな。

それにしても粘土団子はすごいなあ。
わくわくする。




         ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

※サンフランシスコ市民から安倍首相への嘆願書(下半分に和訳あり)
 海の向こうの人のほうがよっぽど福島の子供のことを思いやってる。

※しんちゃん、やるやる詐欺はあかんでぇ(全日本おばちゃん党FBより)
【「しんちゃん、やるやる詐欺はあかんでぇ」プロジェクト】
2020年オリンピックの開催地、東京に決まりましたなぁ。
安倍晋三首相は、IOCの招致委員会で「東京は安全」とし、「汚染水の影響は原発の港湾内の0.3平方キロメートル範囲内で完全にブロックされている」「食品や水からの被曝量も最も厳しい基準を大幅に下回る」「健康問題については今までも現在も将来も全く問題ない」と訴えましてんてな。ほんでさらに、「抜本解決に向けたプログラムを私が責任を持って決定し、実行していく」と世界に向けて約束してましてんなぁ。

おばちゃんたちは、この光景に見覚えがありますねん。
「ちゃんと宿題をやるから、ゲーム買うてえな」とダダをこねて、ちゃっかりゲームをせしめた子どもにそっくりやないの!せやさかい、ちょっと言わしてや。
「ゲームで遊びたいなら、宿題ちゃんとやってからにせんかいな!」

日本が抱える宿題は、原発問題だけとちゃうねんで。外交も内政も混乱を極めてるんねんで。せやけど、宿題も多すぎたら何が宿題かわからへんようになるさかい、おばちゃんからの宿題を並べてみるわ。しんちゃん、遊ぶ前にちゃんと宿題せなあかんねんで~。

1)お客さんをお迎えするねんから、玄関だけや無くて、家の中もまわりの庭もきちんと大掃除せなあかんで~。これ以上、海や大地を汚さんようにするんやで。しんちゃんに代わって大掃除してくれてはる人らのことも大事にするねんで。おしいれに隠して、知らん顔するのんはナシやで。
2)ルールや考え方が違うよその家の子が、み~んな遊びにこられるように、これから最低でも7年間は誰ともケンカしたらあかんで~。お隣にうちからケンカをしかけたり、クラスのボスのケンカについてったりしてもあかんで~。
3)同じクラスの中にいてる、地震とか津波でしんどい思いをしている子が笑えるイベントにせなあかんで~。東京の子だけのイベントとちゃうねんからな。
4)お祭りのお店とか改築改装でもうかることがあったら、クラスみんなで分け分けせなあかんで~。一部の人だけで利益を独り占めしたら、楽しい気分で打ち上げできへんで。
5)「東京の治安は世界一」なんて、あぐらかいてたらあかんで~。格差問題の深刻さはトルコやスペインと変われへんけど、おとなしく我慢したり、抑えつけられている人が多いだけのこっちゃ。力を使って排除したり、黙らせるのはもってのほかやで。持ってるもんと持ってないもんの差を小さくするよう、国の中もあんじょうしてや。

あ、そうそう、最後に言うとくけどな、宿題あるのに宿題ない、とか、やってへんのにもう宿題終わった〜なんて嘘ついたらあかんねんで。しんちゃんがした約束は、しんちゃんが辞めても有効やねんで。「嘘つきは泥棒のはじまり」やで。

※天皇陛下とローマ法王の脱原発発言
 天皇陛下のお言葉も、ローマ法王のお言葉も、原発に触れると、日本ではもみ消させる。




※ホメオパシー茶話会やります。9月15日10:00~12:00
by homeopa | 2013-09-11 17:30 | 自然のちから