pimboke6

<   2012年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

hydrangea revolution

b0170947_7201024.jpg


昨夜の官邸前。
地下鉄の出口を出て地上に上がったら、
そこは何かの大きな建物のまん前で、すでにたくさんの人が集まっていた。
(首相官邸かと思ったけど、建物の形がちょっとちがう)
最初はあちらこちらでつぶやくように 「再稼働、反対」 の声が起こっては消え、起こっては消え。
そのうちしだいにみんなのリズムが合ってきて、
かたまりになった声はどんどん大きくなり、
みんなの体がリズムに合わせて揺れはじめ、
一度波に乗ったリズムは延々とつづき、
わたしが到着した6時半ごろから、立ちさった7時45分ごろまで、
一度もとだえずに尻上がりに高まっていった。
太鼓やタンバリンやカスタネットのあおりもあって、
最後はほとんどサンバカーニバル状態。
わたしは動かない群団のなかにいたので、
まわりにはずっと同じ人たちがいて、
闇が濃くなるにつれてその数がふえ、
その人たちと一緒に共通の時間を過ごすうちに一体感もうなぎのぼり。
ああ、楽しかった!

主催者側の発表では20万人、警察の発表では2万人が集まったらしい。
年齢も、職業も、政治信条も、宗教も、文化的背景も、体質も、食の好みもちがう人たちが、
だれに強制されるわけでもなくこんなにたくさん集まってきた。
その大きな声も、
欲と無知と老廃物で肥厚したあのツラの皮の奥まで簡単に届くとは思わないけど、
こういう体験自体が、
わたしたちに自立への自信を取りもどさせてくれるんではないかな。

今回学んだ教訓---- デモでは鳴り物があると数倍楽しくなる。
             太鼓・笛・タンバリン・カスタネット....フライパンにすりこきでもいいかも。

それにしても、となりに立っていた男性の口臭にはちょっとまいった。
国でも社会でも人間でも、
食べたら排泄する、入れたら出す、もらったら与える、儲かったらふるまう、借りたら返す、思ったら表現する、
こういう流れがとどこおると、
悪い物がたまって臭い匂いを発しはじめる。
排泄できない原発はその典型だ。


下は広瀬隆さん、鎌田慧さんらが発起人となってチャーターしたヘリからの空撮画像。
ナレーターは山本太郎さん。
ちょっと感動。

Live video from your Android device on Ustream


下は岩上さんのデモ取材。
いい顔、いい声、いいはなし。
最後までぎっしり!

by homeopa | 2012-06-30 07:19 | 原発

one testicle left

b0170947_8263832.jpg


おれはタマをひとつなくした。
でもこないだ気づいたんだ。
まだタマはひとつ残ってるじゃねえかって。
         ---- 映画 「メタルヘッド 」のヘッシャー





★明日29日(金)は、また首相官邸前にたくさん集まりそうです。
NHKはじめほとんどのテレビ局はどうせ報道しないので、
広瀬隆さん、鎌田慧さんらが一肌脱いで、ヘリをチャーターし、
空からの模様をユーストリームで報道するそうです。
フライデーナイトは懐中電灯をもって首相官邸前へ。

ヘリのチャーターには100万円ほどかかるということで、
そのカンパを募っていますが、
もしカンパが余った場合には、
福島原発訴訟団にカンパするとのこと。
カンパの振込先は、あのすばらしい城南信用金庫さん。

詳しくはこちらの記事を→ http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/56738015.html

鎌田慧さんの緊急呼びかけメッセージ
by homeopa | 2012-06-28 08:27 | 格言

laughing rocks

b0170947_8301114.jpg

笑う石をみつけたよ。

b0170947_8304475.jpg

それもかなりそっくりなものを、ふたつも。


ていうのはウソ。
左側のは、ガガが美術の授業でつくったもの。
右側の本物の石のまわりに紙と糊を重ねて張っていって、
乾いたら、カッターで真ん中にぐるりと切り目を入れて、
ぱかっと開いて、
それをまた糊でくっつけて、色を塗って、できたんだって。

だからとても軽いんだけど、
先日、帰宅したらいきなりこれを投げつけられて、死ぬかと思った。バカモノ!

自然界にある石で、ここまで似ているものはまずない。
あたりまえのように思っていたけど、
これはけっこうすごいことだと思う。
人間も動物も植物も、自然界にあるものはすべて、それひとつだけ。
しかもそのひとつも、今と1分後では違っている。
ここにあるこのわたしは、これひとつだけ、今このときだけ。



You're Gonna Need Somebody on Your Bond ♪





※東京脱原発音楽祭 2012年6月30日(土)

※東京平和映画際 2012年7月1日(日)

※さようなら原発10万人集会 2012年7月16日(月)海の日

※なくそう原発、不払いしよう電気代
by homeopa | 2012-06-26 08:31 | おもしろいこと

45000 people

b0170947_2243128.jpg

3月ごろから、毎週金曜日の夜に、
大飯原発の再稼働に反対する人々が首相官邸の前に集まるようになった。
野田ブタが再稼働を決める前には1万人も集まったけど、
マスメディアはそれを伝えなかった。
そして再稼働決定後の22日には、
4万5千人もの人たちが集まった。
でもNHKはもちろん無視。
新聞はチェックしてないからわからない。
それがここにきてやっと、TV朝日「報道ステーション」が取りあげた。



えらい!
というか、国のリーダーの家の前に4万5千人もの人が集まったら、
どこの新聞社もTV局も報道するでしょう、ふつう。
でも日本はふつうではないから、
こんなことを報道すると、またどっかから圧力がかかるのかな。
古館さんがんばれ、
という気持ちを、いちおうTV朝日に伝えておこう。↓
http://www.tv-asahi.co.jp/hst/opinion/

と思って、「ご意見・感想」 を投稿したんだけど、
ほかのご意見を閲覧してみてびっくり。
再稼働に賛成する 「ご意見」 がけっこう多い。
「お寄せいただいたご意見の中から抜粋して載せています」 とのことだから・・・・


ほかにも同じデモの画像三つ。
これを見ていると少し元気になる。
ガガとわたしも行くつもり。






by homeopa | 2012-06-24 22:04 | 原発

brad pit & di caprio

b0170947_2321075.jpg


バーン・アフター・リーディング [DVD]」 を見てからブラッド・ピットが大好きになった、
つもりだった。
で、昨日、娘が 「ブラピの出てる映画借りてきたよ」 というので、
ふたりで一緒に見た。
「ブラピもずいぶん顔が変わるね」 とわたし。
「そうかな」 と娘。
1時間ぐらい見たところで、
どうもあのブラピのオーラがない、芝居もあれほどうまくない、
やっぱりこれはブラピじゃないんじゃないか、
と思いはじめたけど、自分の記憶力に自信がもてない。
それでもやっぱりなあと思って、ちょっときいてみた。
「これ、デカプリオじゃないの?」
「あ、そう、デカプリオだ!!」

そして今日、「ブラピとデカプリオってまぎらわしいよね、名前も似てるし」
と娘が言った。
「そうそう」 とわたしも言った。
でもそのあとで少し考えたら、
ブラッド・ピットとデカプリオって、名前もちっとも似ていない。

でもなぜか、わたしはずっと区別がつかなかった。
娘は今も区別がつかないみたい。



※東京脱原発音楽祭 2012年6月30日(土)

※東京平和映画際 2012年7月1日(日)

※さようなら原発10万人集会 2012年7月16日(月)海の日

※さようなら原発1000万人署名に署名した国会議員80名 通販生活HP
by homeopa | 2012-06-23 23:41 | 映画

shocking news!

b0170947_2136248.jpg

あまりにもショックで、一瞬、声が出なかった。
このニュース。

二十日に成立した原子力規制委員会設置法の付則で、
「原子力基本法」の基本方針が変更された、というのだ。
そしてその法案は衆院を通過するまで国会のホームページに掲載されなかった。
つまり、決定されるまで、国民には知りようもなかった!

変更されたのはこういうこと。

原子力基本法二条で、
原子力の研究や利用は 「平和の目的に限り、安全の確保を旨として、民主的な運営の下に」 行うこととなっていたのが、
そこに一項を追加して、
原子力利用の 「安全確保」 は 「国民の生命、健康及び財産の保護、環境の保全並びに我が国の安全保障に資することを目的として」 行う、ということになった。

つまり我が国の安全保障に資するならば原子力を核兵器に利用することも不可能ではなくなったのだ!
国の運命を左右するような大事な法律が、
国民の知らないあいだに、
脂ぎったおじさんたちの手で、
こんなに簡単に変えられてしまうなんて。

いったいこの国はどうなってるんだ?

詳しい経過については下のサイトを見てください。
ほんとにあきれます。
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/6332387.html

この画像も。



※6.22緊急!大飯原発再稼動決定を撤回せよ!首相官邸前&関電本店前抗議
by homeopa | 2012-06-21 21:36 | 原発

stretching & spreading

b0170947_8205635.jpg

ガガが毎朝ストレッチをするようになって3週間ぐらいたった。
なぜ始めたのか知らないけど、
ある朝、やりはじめて、それから毎日つづいている。
以前にわたしが勧めてもやらなかったのにね。
やっぱ人間は、自分でやりたいと思わなければ動かないのだ。

その成果があらわれて、最近からだがやわらかくなってきた。

脱毛のことも、学校のともだちから、先生、バイト先の雇い主や先輩、オーストラリアのおばあちゃんまで、
だれにでも話してるし。
まとってる空気が軽くなってきたし。
なんかいい感じ。



-----------------------------------------------------------
以下 日刊ゲンダイの記事より 2012年6月18日

福島の比ではない惨状に

 再稼働が決まった関西電力大飯原発3、4号機は、早ければ7月中旬にもフル稼働を始める。
福島原発事故の検証もないまま「最初から結論ありき」で決めた政府のやり方に世論の怒りが
広まっているが、大飯原発の再稼働は関西だけの問題ではない。万一、事故が起きれば、
東京など首都圏にも重大な影響が及ぶ可能性があるのだ。
 大飯原発の原子炉は、加圧水型軽水炉と呼ばれるタイプ。沸騰水型軽水炉の福島原発と違い、
内部にたまった蒸気を排出するベント装置がなく、事故で圧力が高まれば、爆発する危険性が
指摘されている。
「沸騰水型は格納容器内に窒素を封入して水素爆発を抑えています。しかし、加圧水型は
格納容器が大きく、爆発の危険が少ない――として窒素が封入されていません。このため、
(事故で冷却機能が失われて)水素が発生すれば、空気と反応して爆発し、格納容器は修復
できないほど壊れる可能性があるのです」(東大名誉教授の井野博満氏)
「レベル7」の過酷事故を起こした福島原発では、格納容器の爆発は免れた。それでも、あれだけの
被害である。核燃料が詰まった格納容器が大爆発すれば、とんでもないことになるのだが、政府は
大飯原発が過酷事故を起こした場合の「SPEEDI」(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)
のデータのほんの一部しか公開していない(写真)。さまざまなシミュレーションがあるはずなのに、
風向きも限定的で、全然、参考にならないのだ。
「『SPEEDI』の所管の文科省はこれまで、『立地自治体からの要請』があれば情報提供する――
としてきた。ところが、限定的なシミュレーションしか出さないだけでなく、2月に突然、情報提供の
地域を『原発から30キロ圏内』と狭めた。大飯原発の再稼働に慎重姿勢だった滋賀県がさらなる
情報を求めると、今度は『準備中』など、さまざまな理由をつけて、結局、出そうとしないのです」
(滋賀県政記者)
 ネットでは、福島原発事故の時の放射能の流れを大飯原発に当てはめた被害想定地図が
出回っている。それによると、東京にまで被害は及ぶ。政府が隠せば隠すほど、国民の疑心暗鬼を
生む。
 国に「SPEEDI」の情報公開を求めてきた国際環境NGOの「グリーンピース・ジャパン」の高杉智之氏
はこう言う。
「グリーンピースは、大飯原発が事故を起こした場合の放射性物質の拡散範囲を調べるため、3月、
大飯原発から1500個の風船を飛ばしました。すると、4~15時間で原発から290キロ離れた
静岡県磐田市や、350キロ離れた埼玉県川越市でも風船が見つかりました。風向きによっては
放射性物質が日本全国に広がる可能性があるのです。政府が『SPEEDI』の情報を公開しないのは、
反対の声が強まるのを避けたいとしか思えません」
 大飯原発から半径350キロ圏内というと、大阪や静岡、東京など1都2府25県が入る。このエリア
には約8600万人が暮らす。実に日本の総人口の6割余りだ。
「SPEEDI」は隠すために存在するのではない。


----------------------------------------------------------
以下 週刊ゲンダイの記事より 2012年6月18日


消費増税だけじゃないゾ

<電力会社、原子力ムラ、霞が関はバンバンザイ>

 民自公の密室談合によって、消費増税が事実上決まってしまったが、この裏に隠れて、もうひとつ、
重大な談合が行われたことが見過ごされている。
 増税に先立ち、今月14日に合意した原子力規制組織に関する法案だ。公取委と同じく、3条委員会
として「原子力規制委員会」を新たに設置。内閣府には首相を議長とする「原子力防災会議」をつくり、
「規制委員会」と緊密な連携を取る――などが骨子だが、民自が話し合えば、当然、経済産業省や
原子力ムラを喜ばせるだけの中身になる。果たして、修正協議の結論からは彼らの“高笑い”が
聞こえてくるのだ。
 まず、3条委員会になる「原子力規制委員会」。有識者5人が委員になり、原子炉の規制や安全監視
をする。原子力規制庁もつくられ、500人規模の事務局が発足する。職員は経産省や文科省から採用、
古巣に戻れないノーリターンルールを採用するが、ここに抜け穴がある。「やむをえない事由があるときは
例外」で、5年間は古巣に戻れることになったのだ。
「これじゃあ、5年間で原発再稼働を次々決めて、古巣に戻ればいい。原子力を推進する側が規制もする
という矛盾はまったく改善されないのです。それでなくても、原子力は専門家が少ない。委員のなり手も
含めて、旧来の原子力ムラの学者や官僚が新組織でも重用される可能性が高い。元改革派官僚の
古賀茂明・大阪市顧問は“職員の半分は外国人にすべきだ”と言っていました。それぐらいやらないと、
人心一新ができない。元のもくあみになるのです」(ジャーナリスト・横田一氏)
 ついでに言うと、この「規制委員会」が原発廃炉40年ルールについての見直しも行う。「40年廃炉」は
民主党が掲げた脱原発依存の大方針だが、自民がケチをつけて、「見直し」が決まったのである。しかも
「速やかに」なんて文言付き。それでなくても、40年廃炉ルールには1回だけ20年間延長できるという
例外があり、骨抜きが指摘されていた。今度は完全に廃炉方針撤回、看板取り下げということだ。
細野大臣は「40年廃炉の厳しい基準をつくる」とか言っていたが、大ウソツキ。廃炉が決まれば経営の
屋台骨が揺らぐ電力会社はバンバンザイだろう。
「原子力規制委員会があるのに、新たに原子力防災会議をつくる理由も分かりません。議長は首相、
副議長は官房長官と環境相、原子力規制委員長で、原子力規制委員会と仕事がダブる。事務局を担う
のは環境省で、ズバリ、環境省の焼け太りです」(関係者)
 こうしてみていくと、民自公が原子力ムラと霞が関にベッタリであることが改めてよく分かる。これで
全国の原発が次々と再稼働していく。言葉を失うデタラメだ。
by homeopa | 2012-06-21 08:27 | 日々の暮らし

typhoon

b0170947_8185915.jpg


ああ、すごい風だった!
夜中に風の音で目がさめて、
なんで風は吹くんだろうなんて考えたら眠れなくなってしまった。


The Wind - Susana Raya ♪






6月18日 たねまきジャーナル 「原発再稼働に物申す!」 河合弘之さん



by homeopa | 2012-06-20 08:20 | 自然のちから

the forth revolution

b0170947_733981.jpg


この映画を見てきました。
「第四の革命---- エネルギー・デモクラシー」


なんか、おどろおどろしいタイトルですが、
第四の革命というのは、
農業革命、産業革命、インターネット革命に続く、エネルギー革命ということです。

この映画は4年の月日をかけて制作され、
2010年にドイツで公開されました。
ドイツでは200万人の人々がこの映画を観て、
脱原発への決意をいっそう固めたそうです。

この映画の中でメインの語り手となるのが、
ヘルマン・シェーア国会議員です。
彼は原発から再生可能エネルギーへの移行を可能にするさまざまな法案づくりに尽力した、
ドイツの脱原発の立役者ですが、
残念ながら昨年亡くなりました。

なんといっても、映画から伝わってくるこのシェーア氏の情熱と実行力に、
勇気がわいてきます。
シェーア氏のインタビュー画像はこちら。

ほかにも、再生可能エネルギーに向かって踏みだし、
すでに実績を積んでいるさまざまな人たちが語っています。
デンマークで再生エネルギー100%の町を実現した人、
再生可能エネルギーだけでまかなえるオフィスビルをつくった事業家、
再生可能エネルギーに取りくむ貧しい企業家にお金を融資する銀行家、
ドイツの古い建物をエコ住宅に改造する人々、
スペインの広大な太陽光発電所を動かす人々など。
ついでに、再生可能エネルギーへの移行はとうぶん不可能だと言いつづけるIEAのお役人も。

再生可能エネルギーへの転換はもう夢物語りではないんだと実感しました。

日本で脱原発に抵抗する人々には、
大きく分けて三種類あると思います。

(1)原発から得られるお金を手放したくない人。
(2)再生可能エネルギーのほうがいいけどそれは無理だろうと思っている人。
(3)なんも考えていなくて、なんもしたくない人。

(1)と(3)の人たちを動かすには、たぶんあと10回ぐらい原発事故が必要でしょう。
そのころには人類は滅亡しています。
でも(2)の人たちは、この映画を観たら少し気持ちが変わるかもしれません。

日本でもいまこの映画の一斉上映キャンペーンが行われています。
たくさんの人たちが観たらいいなと思います。

ただひとつ、これを観ていて疑問に思ったことがありました。
世界で電気を使えない人たちは20億人いるそうです。
そういう人たちのいる地域にも、
カメの歩みではあれ、少しずつ太陽光パネルが普及しはじめています。
そししてその人たちが言うのです。
「これで私たちも夜間に働くことができるようになった」
「この地域もロサンジェルスや東京のようになれるかもしれない」
映画のナレーションでも、
電気がないことそれ自体が不幸であるかのような語り口がときどき出てきます。
まるで電気を使えない20億人の人々がすべて、
東京の人々より不幸であるかのような。
もちろん、電気を使えずに大変な思いをしている人はたくさんいるでしょう。
でも20億人のなかには、
電気にあふれた東京に住むわたしたちが持っていないものを持っている人たちも、
たくさんいると思います。

もっと大きく、もっと速く、もっと便利に、もっと金持ちに。
そういう価値観から行きついたところが原発だったはずです。
その価値観によって現代社会が失ったものは数えきれません。
家族の語らい、自然との結びつき、人間の生理に即した時間の流れ、人と人との信頼関係、地域社会・・・
原発事故による損失はその一部です。
単に原発を再生可能エネルギーに替えても、
この価値観、このモチベーションが変わらなければ、
また同じような社会ができるだけだと思うんですが。

ガンをつくった原因をなくさずに、ガンの腫瘍だけ切りとっても、
またガンはできます。
わたしたちは今そこを問われているんだと思うんですが。

   お金があっても家は買えるけどホームは買えない。
   時計は買えても時間は変えない。
   本を買っても知識は買えないし、
   ベッドを買っても眠りは買えない。
   医者に診てもらうことはできても、病は癒えない。
                   ---- FRYING DUTCHMAN  


なんか、いつになく、むきになって書いてしまった。
野田ブタのおかげでアドレナリンが分泌過多ぎみ!




---------------------------------------------------------

(沖縄タイムス 2012年6月14日)

 日立製作所は14日、2020年度の原子力事業の売上高目標を3600億円とする計画を発表した。
11年度の実績は約1600億円で大幅な拡大を目指す。東京電力福島第1原発事故の対策支援や
海外での原発受注の推進などで売り上げ増を見込んでいる。

 東京都内で開いた事業説明会で、電力や鉄道など主要7事業の15年度の売上高目標を公表した。
このうち原子力に関しては二酸化炭素(CO2)の排出量抑制や新興国を中心に伸びる電力需要への
対応で、今後も原発が有効なエネルギー源になるとし、従来計画と同じく20年度で11年度比倍増の
目標を掲げた。

 日立は「東日本大震災後も原発の建設計画を継続する国が多数ある。世界で38基を受注する
これまでの計画は実現できる」としている。(共同通信)



  ----------------------------------------------------------------
by homeopa | 2012-06-17 07:33 | 再生可能エネルギー

a letter from green party

b0170947_2323480.jpg


大飯原発再稼働が決まった日。

ドイツ緑の党が全連邦議員を含む市民約6000人の署名と「原発と大飯原発再稼働に反対する」
野田首相宛書簡を日本大使館へ提出したそうです。


こういう人が首相になっている日本が恥ずかしい。
そういう日本の国民である自分が恥ずかしい。




FRYING DUTCHMAN "humanERROR" ♪
by homeopa | 2012-06-16 23:23 | 原発