pimboke6

<   2012年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

supporting

b0170947_8115689.jpg




セロトニンがたくさん分泌されると抗重力筋が強くなるそうだ。
わたしに必要なのはこれだな、たくましい抗重力筋。
翼をください、とまではもう思わないけど。




Jesse Harris- Walk On ♪




政府が出した除染工程表では、
年間50ミリシーベルト以下の地域の放射線量を2年間で20ミリシーベルト以下まで減らすとしている。
小出裕章さんによれば、それはたぶん可能だろうとのこと。
ただし、年間20ミリシーベルトの場所に人を住ませること自体がとんでもない、
と小出さんは言う。
「そこに子供たちが住んでもいいという政治家がいるなら、
その人たちがまずそこに住むべきだと思います」
http://youtu.be/RRcPZgVUhM0
by homeopa | 2012-01-31 08:17 | 風景

dried

b0170947_1563683.jpg




私たちは知性を検証する場合に、ふつう 「自己批判能力」 を基準にする。
自分の無知、偏見、イデオロギー性、邪悪さ、そういったものを勘定に入れてものを考える
ことができているかどうかを物差しにして、私たちは他人の知性を計算する。
自分の博識、公正無私、正義を無謬の前提にしてものを考えている者のことを、
私たちは 「バカ」 と呼んでいいことになっている。
                    ためらいの倫理学 (内田樹著・角川文庫)




上の基準でいえばわたしもけっこうバカと呼ばれていい感じだけど、
それとは別次元のバカもたくさんいるんじゃないか。
ストレステストと原発再稼働のこと、このバカたちに任せといていいんだろうか?



Fool's Paradise - Jesse Harris ♪
by homeopa | 2012-01-28 10:17 | 風景

原発 (原始力発熱) ルネッサンス

b0170947_14581693.jpg





この冬は 「大寒冬」 になりそうだと、テレビのニュースで言っていた。
大寒冬というのは気象用語だそうで、
詳しい定義は聞いてももちろん忘れたけど、
とにかく寒い冬ということらしい 。

そんなとりわけ寒い冬に、
わが家のガスファンヒーター使用時間はだいたい1日1時間ぐらい。
エアコンはもちろん未使用。
えらくない?

そもそも家計の節約のために昨冬から始めたケチケチ作戦のひとつだけど、
やってみるとこれが、かなりいい。
お肌が乾かない、喉も鼻も乾かない、空気が汚れない、サッシ窓の結露がほとんどない。
そして何より、身体が寒さと仲良しになる。

一日の中で、暖房のスイッチを入れたくなるポイントというのがある。
(1)朝起きたとき
(2)寒い戸外から帰ってきたとき
(3)家の中で動かずにいる時間が長くつづいたとき
(4)外出前に着替えるとき
(5)週2回に制限している夕食後のアイスクリームを食べるとき

娘は朝シャワーを浴びるので(1)は必須らしい。
でもわたしは朝起きてトイレに行ったあと、自室の窓を開けて深呼吸をする。
それから窓を閉めてヨガをはじめると、もう寒さは気にならない。
これはホメオパシーと同じ、同種の法則。
寒がっている身体に寒さを与えると、毛穴がキュッと締まって、体温を逃がさなくなる。
また、これは外気に触れる時間がほんの一瞬だからいいんだと思う。
これもホメオパシーと同じ、微量の法則。
この時間がもっと長くなると、
どんなに毛穴が締まっても外気の押しの強さに負けてしまう。

(2)では、外を歩いてきたので皮膚は冷たくても体内にはそれなりに熱が発生している。
そこで家に入ったらすぐに何層もの衣服で身体をくるむ。
ちなみにわが家では、外出するときより家にいるときのほうがたくさん着こんでいる。
靴下を重ねばきにして、下半身を毛布でくるむのは必須。
こうすると、戸外を歩いているあいだに体内に発生した熱を、
外に逃がさずに利用できる。
自給自足。
ここでヒーターをつけて、薄着になったりすると、
身体の熱が放出されて妙にすーすーする。

(3)に関しては、ときどき家事や雑用を見つけて身体を動かすか、
ご近所を歩いて写真なんか撮って、気分転換して仕切り直すか、
長時間本を読みたい場合には空いてる電車に乗る。

(4)これはあらがえない。

(5)は、ごほうび。
ヒーターつけてアイス食べながらDVDなど見るのは、週に2回のすごいぜいたく。
それでもヒーター使用時間は、のべ30分ぐらい。


3.11以後、原発のダメさに気づいてからは、
このケチケチ作戦は未来志向のライフスタイルだと自負している。

日本中の原発が定期点検に入ってせっかく止まってくれるんだから、
それを再稼働させてはもったいない。
原発なしでも産業・医療・福祉を衰えさせずに電力の需給バランスをとれるライフスタイル。
おめでたい政府がアメリカの要請に従ってイランから石油を輸入しなくなっても、
生存していけるライフスタイル。
オオマサガスが日の目を見るまで、
少ないエネルギー消費で待っていられるライフスタイル。
これからはやっぱりこれが最先端になると思う。

うちのセコイ暮らしは、そういう最先端のところを走っているのだ。ハハ。





Lisa Hannigan Upside Down ♪
by homeopa | 2012-01-26 08:15 | 風景

samui!

b0170947_9413794.jpg





東京は雪がつもって、寒い!
この寒い朝に、猫が発情している。
・・・・わからなくもない。




Glenn Gould - Bach - BWV 828 - 5 - Sarabande ♪
by homeopa | 2012-01-24 09:42 | 日々の暮らし

pain that has nowhere to go

b0170947_1532053.jpg




今朝、娘が高校の先輩の日記 (ブログ?) を見せてくれた。
その先輩は東北におばあちゃんがいて、
正月にそこに行って、
まだ瓦礫が山のように (本物の山のように) 積まれている津波の被災地を見てきたという。
日記の最後に、被災地のおじさんの切ない言葉が書いてあった。

命が助かっただけでもありがたいと思うから、
同じ被災地で過ごす人たちには、つらくてもつらいなんて言えない。
言えるのは被災地の外から来た人にだけ。









bird, you've so many hearts on your sleeve
one for each feather though you never see
blue eyes blink bright lights through leaves of the tree
from seeds that did grow where you sowed
you'll never have nowhere to go

look at this silver and gold
shook through a tangle of thorns

bird, we've so many days spent beside this sulk of river
now we're deep down dyed into the marrow out with the tide
with all that you have and i hold
you'll never have nowhere to go
your heart, it holds more than your hands
not bought or sold, more than mountains
your heart, it holds more than your hands
not bought or sold, more than mountains

look at this silver and gold
you'll never have nowhere to go
by homeopa | 2012-01-23 07:25 | 風景

hey mister!

b0170947_8185422.jpg



ヘイ、ミスター!
もういいでしょう、80歳まで五体満足で生きてこられたんだから。
と、この前、テレビのニュースを見ていて思った。

養蜂場から巣箱を盗んでいく男が映像に写っていた。
こざっぱりした身なりの80歳の男性。
盗んだ巣箱から蜂蜜をとって、びんに詰めて、地域の販売所で売っていたという。
80歳の老人が、今から小銭をかせいで何をしようというのだろう?
ブランド物の高級時計を買う?
霜降り牛を食う?
キャバクラに行く?
貯金して一軒家を買う?
80年もいろいろなものを食べて、
いろいろなものを手に入れて、
いい思いも悪い思いもいろいろしてきて、
もうそんなに欲張らなくてもいいんじゃないか?
もうすぐあの世に逝くのに。
人のものを横どりするよりも、人にあげたほうが、
あの世での待遇はよくなるんじゃないか?
わたしはあの世に行ったことがないので、詳しいことは知らないけど。

つくづく、人間は欲が深いと思う。
でも欲があるからこそ、
努力したり、挑戦したり、発見したり、発明したりできるんだし、
欲があるからこそ生きようと思うのだろうけど。

たぶん、欲にも必要な欲と、不必要な欲があるんだと思う。
必要な欲は人間を幸せにして、不必要な欲は人間を不幸にする。
必要な欲は、天から与えられるものを活用して喜ぶ。
不必要な欲は、天から与えられないものまで求めて苦しむ。

それなら、自分にとって何が与えられるもので、何が与えられないものか、
どうやって見分けたらいいんだろう?
わたしの基準はこうだ。
自分や他者に多大なダメージを負わせなければ得られないものや、
本能が嫌がるような不自然な手段を使わなければ得られないもの、
それは与えられないものである。

たとえば、シリコンを注入して得る巨乳。
薬漬けになって病院のベッドに縛りつけられて得る延命。
オレオレ詐欺でかすめとる老人のわずかな貯金。
放射能で人間や自然を破壊しながら作りつづける原発の電気。
凡才の息子に無理やり勉強させてでっちあげる秀才少年、などなど。
これらは与えられないもの。
昨日、野田聖子議員の出産・育児のドキュメンタリーをやっていたけど、
あの赤ちゃんも本来与えられないものを強引につかみとってしまったのだと思う。

一方、たとえば、わたしが公園のベンチに座っているときに、
見るからにオーダーメイドのぱりっとしたスーツを着たおじさんがやって来て隣に腰をおろし、
手にしていたライカを横に置いて、携帯電話で羽振りのよい話をしはじめたとする。
そして話が終わったら、ライカのことをすっかり忘れて歩きさったとする。
その場合、そのライカはわたしに与えられたものではないだろうか。
だからもしわたしが黙ってライカをつかんで別方向に歩きだしたら、
そのときの欲はわたしが生きるために必要な欲なのである。
だれも大してダメージ受けないし、不自然じゃないから。
そしてわたしの生きる力は倍増するから。
て、ちょっと勝手かな。

こういうふうに具体的に考えてくると、
与えられるものと与えられないもののボーダーラインはだいぶあいまいな気もしてきた。

上の蜂蜜泥棒のおじいさんだって、
ニュースは上っつらしか伝えないから、
もしかしたら病気の奥さんをひとりで面倒見ていて、
わずかな国民年金しか入らなくて、
介護保険にも限度があって、
なんとか生き延びるために仕方なくやっているのかもしれない。
その場合、おじいさんのご近所に養蜂場があったというのは、
与えられたものなのかもしれない。
養蜂場の経営者は多少の損失をこうむるけど、それとおじいさんの窮状をくらべたら、
水が上から下に流れるようなものかなとも思う。

なんだかまとまらなくなってきたけど、
わたしが欲のことを考えてみようと思ったのは、年寄りの欲が気になっていたときに、
ちょうど上のニュースを見たからだった。
物欲もそうだけど、それ以上に老人の長生き欲。
ちょっとどこか具合が悪くなると、あら大変、ていって病院に行って、
先生、何かお薬出してくださいよって言って、
何種類も薬を出してもらって、国の医療費をばんばん使って、
長生きしようとする年寄りの欲。
70~80歳ぐらいになったら、もういいんじゃないの。
だいいち薬をとったって長生きはできないんだから。
老人たちが医療費を無駄づかいしなければ、
未来のある若者たちのために使える国家予算が何倍にもなると思うんだけど。
だから80歳以上の老人は、よっぽどひどい苦痛がある場合以外は、
病院に行くべきではないんじゃないかと思う。
それにそのほうが、逆に長生きするかもしれないし。

b0170947_8193129.jpg



Jack Johnson - What You Thought You Need ♪
by homeopa | 2012-01-21 21:50 | 季節の花

sugi no mura

b0170947_750447.jpg




昨日NHKテレビで、中国の山奥に住むトン族という部族のことをやっていた。
トン族が住むのは、世界一広い杉の森の中。
家はすべて杉でできていて (これが美しい!)、
主食の米を蒸すにも杉の桶をつかう。
骨折したときは、杉の葉をすりつぶしたものを塗っておくと7~10日で治ってしまう。
生活のあらゆる側面で杉の恩恵を受けている。

でもこれだけ杉に囲まれていても、
杉花粉症の人はひとりもいない。

やっぱり悪いのは杉の木じゃなかったんだ。
本来無害な杉の花粉なんかに反応してしまうわたしたちの身体が悪いんだ。
とあらためて、杉にごめんなさい。

もひとつ感動したのは、杉の木でできた家の中。
広々として風がよく通りぬける。
そして物がない。
寝室には、ベッドと布団だけ。
ほんとにこれだけ。

で、みんな健康そうで幸せそう。

この番組を見たあとでわが家を見まわしたら、
胸くそが悪くなった。
こんな物だらけの家に住んで、余計なものを毎日心身に入れていたら、
花粉症になるような身体になっても仕方ない。



by homeopa | 2012-01-20 08:28 | 植物

hope

b0170947_8525176.jpg




フィルムを月に1本使うの会の11月のテーマ 「ネオンサイン」 の優勝者が決まりました。
Nobu35さんです。おめでとうございます!
作品はこちら
ネオンサインというとケバいイメージがありますが、
これはとても上品で、光と色が美しくて、陰の部分が活きていますね。
わたしもこれに投票しました。
次のテーマは 「チェンジ」 だそうですが、困ったなあ、何も思いつかない・・・・


別件で、1月14・15日に開催された脱原発世界会議。
チケット買ったのに、友人宅でご不幸があって、行けなかった。
人ごみはあまり得意ではないので、半分ほっとして半分残念。
こんな様子だったようです。




hope by jack johnson ♪
by homeopa | 2012-01-16 07:24 | 日々の暮らし

red berries

b0170947_2135365.jpg





久しぶりに原発の話題です。
小出さんの最近のインタビュー音声を三つほど。

2012年1月9日
細野環境大臣が発表した「40年原則廃炉」 について。
とても危なっかしい4号機の状況について。
http://youtu.be/wvgs2R4Raio

2012年1月10日
1月2日に大気中のセシウム濃度が急上昇した件について。
世界各国が日本産の農産物の輸入規制をしている件について。
http://youtu.be/PQXDlWOk62E

2012年1月11日
ストレステストがいかに無意味であるかについて。
http://youtu.be/4FmMhjx3mY0



------------------------------------------------
2012年1月9日
欧州のストレステスト批判と日本の現状
http://youtu.be/NKl1xtbNqfI
by homeopa | 2012-01-13 18:01 | 植物

haha no ha

b0170947_20175599.jpg




(写真の鼻から頬にかけて変な筋があるのは、現像時にフィルムの巻き方が悪くてできたムラです。
お見苦しくてすみません。でもいい顔なのでアップしちゃう。
それにしても、似てきたなあ・・・)

正月に母に会ったら、入れ歯が入っていた。
ひからびたヤマンバみたいだったのが、
どこかの少しいいところの奥様風になっていた (そうでもないか)。
歯がないほうがかわいいから、あのままでいいのに、なんて思っていたけど、
これでよかったのかも。

歯医者さんによると、
たとえ偽物でも歯があると、食いしばることができるので、
立ったり座ったりするときの踏ん張りがききやすくなるらしい。
そういえば元巨人軍の王選手はバットに球があたるときにぐっと歯を噛みしめるので、
歯がぼろぼろにすり減っていたそうだ。
もし噛みしめる歯がなかったら、ボールはあんなに遠くへは飛ばなかったのだ。
母が打つのは場ちがいなあいづちぐらいだけど。
呆けても不快感は表せる母だが、
今のところ入れ歯を不快に思っている様子はなく、痛みを訴えることもない。
たまにはお医者さんの言うことも聞いてみるものだと思った。

ただ、インフルエンザの予防接種はよくなかった、と思う。
接種直後はいつもどこか不快そうで、
あっちが痛い、こっちが痛いとしきりに訴え、落ち着きがなかった。
そしてそれ以来、めっきり口数が少なくなった。
理解も悪くなった。
今はもう、わたしの名前も忘れた様子。




James Vincent McMorrow - Higher Love ♪
by homeopa | 2012-01-10 20:40 | 人間