pimboke6

<   2011年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

the sun

b0170947_2361867.jpg

        楽隠居もどきから一転して受験生の母になり気づいたことがあります。
        フィルム写真はゆとりがないと撮りにくい。

        しっかり立ち止まり、ファインダーをのぞき、
        ときに三脚を組み立て、ときに露出計で光をはかり、
        絞りを決め、シャッタースピードを設定し、
        真剣に焦点を合わせ(それでもピンボケ)、祈りながらシャッターをガッシャン!
        この儀式みたいな面倒くささがとても楽しいし快感なんだけど、
        デジタルとちがってその場で写りぐあいを確認できないし、
        フィルム代や現像代がかかるのでビンボー人は何枚も撮るわけにもいかず、
        ほとんどその場の一本勝負。

        この一瞬に集中するにはわたしの場合、
        心と時間のゆとりが必要なのです。
        マネーのゆとりもあるに越したことないけど。

        だから受験生のことで心が忙しい今、
        わたしの撮るフィルム写真はいつも以上にヘボ。
        こういうときは気配りの利く親切なデジカメのもとに逃げたりする。


        
      
by homeopa | 2011-01-31 07:31 | 風景

yuuhi

b0170947_1813381.jpg

by homeopa | 2011-01-30 18:13 | 風景

kumo to tatemono

b0170947_22353037.jpg

           「最近、ジョークが浮かばないなあ。やっぱりジュン(受験生)のことが心配なのかなあ」
            とつぶやいたら、
           「親みたいね」
            と受験生が応じた。
            

morning lullabies by ingrid michaelson ♪
by homeopa | 2011-01-30 17:40 | 風景

ボツ写真

b0170947_1772617.jpg

         巻き戻す前にフタあけた。
         これで5回目。
by homeopa | 2011-01-28 23:03

hahanote

b0170947_2249768.jpg

              むかしから美人ではないしスタイルもよくないけど、
              手だけはすらっときれい。
              裁縫、編み物、生け花、簿記。
              この手で繊細な作業をするべく生まれてきた人なのかもしれない、顔はそう見えないけど。
 
              ボケた今もこの手で器用に箸をつかって食事をする。
              夕方になって頭が混乱してくると、
              手が何かしたくなるらしく、
              膝掛けの房を一本ずつ結んだりしはじめる。
              でも本当は何をしたいのかよくわからなくて困っている様子。

              身体に語りかける頭がちょっとたよりない。
              身体と頭が通じあわないのはもどかしいだろうな。

              
         
by homeopa | 2011-01-27 08:49 | 人間

cabbage

b0170947_23524.jpg

         キャベツのくせに、きれいじゃないか。


               ★★★

         「泣きたいけどプライドが許さない」

         わかるよ。ただ、

         「自分を縛りつけるもっとも太い鎖はプライドである。
          プライドを手放すと人生の苦しみは半減し喜びは倍増する」

         と本に書いてあったよ。

         でもま、プライドは若さの代名詞だからね。
         わたしもあんたの年齢では歩くプライドだった。
         というか、つい最近まで。
         いや、今だって少し。
         (ここ、笑うところじゃない。わたしにだってプライドぐらいある!)

light my fire by jose feliciano ♪
by homeopa | 2011-01-24 23:53 | 植物

cabbage

b0170947_237144.jpg





b0170947_2372698.jpg





b0170947_2373660.jpg

by homeopa | 2011-01-24 22:55 | 植物

platform

b0170947_2174760.jpg

         今日は朝から手紙を二通書いた。
         むかし世話になった出版社に、翻訳の仕事をまたやらせてくださいという手紙と、
         元夫に、ビンボーでヒーターもつけられないし粗食しか食べられないし
         風呂も三日に一回しか入れないので(ウソ)滞っている養育費を送ってくださいという手紙。

         窮すれば通ず、て言うし。

         貧すれば鈍する、っていうのもあるけど。

Ana Carolina & Seu Jorge ♪
by homeopa | 2011-01-23 22:20 | 風景

ueno no sora

b0170947_22215521.jpg

         この下に蓮の池が広がっていたんですが、
         スキャナが勝手に切ってしまいました。
         でもこのほうが好きかも。

            -----------------------

         あなたの子どもは、あなたの子どもではない。
         子どもは生命の切望そのものの息子であり娘である。
         あなたを通って来るが、あなたから来るのではない。
         あなたとともにいるが、あなたに属してはいない。

         子どもに愛を与えるのはよいが、
         あなたの考えを与えてはいけない。
         子どもには自分の考えがあるのだから。
         あなたの家に子どもの身体を住まわせるのはよいが、
         魂まで住まわせてはいけない。
         子どもの魂は明日の家に住んでいるのだから。
         その家を、あなたは夢の中でさえ訪れることはできない。
         あなたは子どものようになろうとしてもよいが、
         子どもをあなたに似せようとしてはいけない。
         生命は後ろ向きには進まず、昨日にとどまることもないのだから。

         あなたは弓であり、
         子どもはその弓から放たれる生きた矢である。
         射手は無限の道程の上にねらいを定め、
         力のかぎりあなたを引きしぼり、
         矢をすばやく遠くへと解き放つ。
         射手の手の中でたわむことを喜びなさい。
         神は飛ぶ矢を愛するように、
         動かない弓をも愛するのだから。
                ---- カーリル・ギブラン「子どもについて」

as tears go by by stones ♪
by homeopa | 2011-01-21 22:57 | 風景

jukensei

b0170947_18464156.jpg

          広告の裏紙にびっしりと書かれた都立高校入試過去問題集の計算。
          わけわからないけどウツクシイ。
          それに受験生ってすごい。尊敬しちゃう。

          でも受験生の母も大変です。
          受験生はいつも使わないヘボ頭を使いすぎたり、
          勉強ばかりでロマンも刺激もない毎日にうんざりしたり、
          不安に押しつぶされそうになったりして、
          ときどき発狂したりドツボに落ちたりするのです。

          そのたびに母としては、
          ここで何を言ってあげればいいのか、何をしてあげればいいのか、
          何を言ってはいけないのか、何をしてはいけないのか、
          といちおう考えるのですが、
          考えても結局わからない。
          そのうちおのずと受験生の気分が変わっていつものバカ娘に戻ります。

          なんか気いつかって損したわ、みたいなことが何度かあり、
          お手上げですと開き直ったころ、
          ある本のなかでこんな言葉に出会いました。

          「放っておきなさい」

          なるほど。
          発狂したり落ち込むのは受験生であってわたしではない。
          わたしは神様ではないので人の悩みを代わりに解決してあげることはできない。
                  
          助けてっていわれたら少し助けるけど、
          そうでなければ放っておくことにしました。

          でも放っておいてひとりで写真を撮りにいこうとすると、
          「え、なんで? 一緒にいてよ」
          なんて言ったりもするので、
          カワイさ半分、ウザさ半分。

          

They called him Zwelch! by Pascal ♪
by homeopa | 2011-01-17 22:39 | 日々の暮らし