pimboke6

<   2010年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

leaves

b0170947_1825504.jpg

       涼しくなってきたので温度調節も楽そうだし、
       久々にモノクロフィルムの現像をやってみよ、
       と思ってやったら、
       ネガがただの透明な薄紫のプラスチックになってしまいました。
       画像のガの字もない。
       あれえ???

       露光できていなかったのかなあ、と思い、
       別のカメラで今度はシッカリと2本撮影。
       で、現像してみると、
       また同じ透明なプラスチックの帯になってしまった。

       写真屋さんできいたら、
       どうも現像液がいかれていたらしい。
       現像液はうなぎのたれのように使い続けると、
       写真屋のおじさんが以前に言ってたけど、
       あれは原液のはなし。
       わたしは原液を2倍に薄めたので、
       それは保存がきかないのだそうです。
       
       なぞが解けてよかったけど、
       でもクサるよなあ・・・

       と気落ちしていたとき、
       月に1本フィルムを使うの会のメンバーの星鳥さんのブログで、
       コーヒーで現像するワザがあることを知りました!
       おもしろそう!

       おもしろそうなだけでなく、
       星鳥さんの現像した画像はほんとにきれい。
       
       コーヒーのように環境に害のないもので、
       こんなにきれいな現像ができるのに、
       なんで人間は今まで現像液とか使ってきたんだろう?
       よくあるたぐいの不思議とはいえ、
       やっぱり不思議。

       とにかく、新たに現像液をつくるかわりに、
       これを試してみることに決めました。
       今まで自家現像をやった回数は五本の指で数えられるくらい。
       そんな初心者がこんなことに挑むのは、
       おこがましいかなあとも思うけど、
       よく知らないからこそ、
       新しいものをとりいれやすいってこともありますよね。
       ああ、ワクワクする~。
       
       
       
by homeopa | 2010-09-28 10:07 | 植物

akamamma

b0170947_8325163.jpg

       高さ2メートル以上。
       アカマンマにしてはでっかいなあ~と思って珍しくしらべてみたら、
       オオケタデ、またの名をハブテコブラという、
       すごい名前の花でした。

       こんな秋空のもと、
       9月25日と26日の二日間にわたってホメオパシーの学術大会が開催されました。
       わたしは26日しか参加できなかったけど、
       全国のホメオパスたちのケース発表を見て、
       今回もまた刺激を受けました。
       写真ばっか撮ってないで、勉強もしっかりやらないと!
       
       世間ではこのところ急にホメオパシーのことが取りざたされているけれど、
       世の多くの人々がホメオパシーを理解せず批判するのも、
       少数の人々がホメオパシーを体験してそのよさに感銘するのも、
       むかしからずーっとあったこと。
       ホメオパシーを使いたい人もいれば、
       使いたくない人もいる。
       それもむかしから変わらない。

       で、わたしも今までどおり、
       ホメオパシーを使いたい人々のご要望に応えてこの仕事を続けていく。
       ただし今よりもう少し勉強して。
       ときどき写真で遊びながら。

       と改めて思った日でした。
       
by homeopa | 2010-09-28 08:32 | 季節の花

tsuyukusa

b0170947_2246060.jpg

        またピンボケだけど、なんかきれい。

a case of you by joni mitchell ♪
by homeopa | 2010-09-22 22:22 | 季節の花

nekojarashi

b0170947_2134784.jpg




b0170947_21342699.jpg

       秋めいてきたけど、ねこじゃらしはまだ枯れません。
       でもそのうち枯れて、
       落ちた種からまた来年、新しい目が出て成長する。

       季節の草花がいとおしいのは、
       この寿命の短さのせいもありますね。

       対照的に人間(日本人)の平均寿命は男性79歳、女性86歳。
       どうしてこんなに長く生きるんだろう?

       室町時代まで、日本人の平均寿命は15歳。
       江戸時代で40歳。
       第二次大戦後の1950年でも50歳。
       70歳や80歳まで生きる人は昔もいたけど、
       乳児・幼児の死亡率が多かったんでしょうね。

       それにしてもたったの50年で寿命が30年も延びるなんて。
       こんな動物ほかにいる?
       神様にワイロでも渡してんじゃないの?
       と思いたくなるような不可解さ。

       だいいち長く生きることはいいことなんだろうか?
       長く生きた分、賢くなるとか、役に立つとか、美しくなるとかすればいいけど、
       大方の人間はその逆だもんね。
       だったら、あなたはいま死にたいのか、ときかれれば、
       わたしはまだ死にたくない。
       長生きして何するのか、ときかれれば、
       写真とる、ぐらいしか言えない。

       なんか無駄に酸素吸ってるなあ。
       ねこじゃらしは1年しか生きないけど、
       ちゃんと感動あたえてくれてるのに。

       

autumn by paolo nutini ♪
by homeopa | 2010-09-20 22:11 | 植物

shinjuku

b0170947_8304378.jpg

       このまえ久しぶりに新宿の地下道を通ったら、
       こんなことになっていた。



b0170947_8305447.jpg





b0170947_831592.jpg





b0170947_8311489.jpg

      わたしも大野君はきらいじゃないんだ・・・

      関係ないけど、
      大学時代の音楽サークルの後輩がやってる店 Bar461
      のブログにこんな映像がありました!
      人間、スーダラには勝てないわ。      
            ↓

マイケル・ジャクソン スーダラ節
by homeopa | 2010-09-19 07:44 | 風景

haha

b0170947_8335783.jpg




b0170947_8341278.jpg

       わたしの暇つぶしをながめる母。
       ちなみにこのTシャツは裏返しではなく、
       こういうデザインなの。


       「お年寄りはね、ゆっくり歩いてるんじゃないの。
        あれが最高速度なの」
             ---- ぎっくり腰で動けなくなった娘の発見
by homeopa | 2010-09-18 07:55 | 人間

hook

b0170947_21241762.jpg




b0170947_2124286.jpg

       実家のひまつぶしシリーズその3。
       今回は母の裁縫道具がしまってある引き出しから、
       ホックを取りだしてみました。
       どのホックもよく見ると、ほんとによく考えられた設計で、
       機能性と美しさを兼ね備えている。
       ブラのホックなんか、シンプルで小さくてかわいくて賢くて、
       こんなに身近にこんなスゴイものがあったのかと、
       気づかせてもらいました。
       ありがと。
by homeopa | 2010-09-15 08:20 | 日々の暮らし

hook

b0170947_21271185.jpg





b0170947_18221468.jpg





b0170947_18194432.jpg

by homeopa | 2010-09-15 08:19 | 日々の暮らし

hook

b0170947_21254526.jpg





b0170947_21255724.jpg


light dance by akira kosemura ♪
by homeopa | 2010-09-15 08:17 | 日々の暮らし

needles

b0170947_21314011.jpg

by homeopa | 2010-09-12 21:32 | 日々の暮らし