pimboke6

<   2010年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

tsuyukusa

b0170947_23471250.jpg

        一周おくれて走る やすらか
                  ---- 安田鳩奈 (永六輔選著 「一言絶句」より)





        子どもの運動会を見ているとときどきこういう子がいて、
        しあわせな気持ちになりましたっけ。
        わたしも区営プールの「往復コース」で泳ぐときはこういう心境です。
       
by homeopa | 2010-06-30 23:10 | 季節の花

green

b0170947_17351431.jpg

    パソコンがこわれました----いきなり。

    いや、いきなりでもないか。
    予兆はあったし、そもそも6年前に中古で買ったしろものなので、
    そろそろお迎えがきてもおかしくはなかった。
    しかも過去に何度も痛い目にあっているのに、
    ちっとも学んでない!

    でも今回はしっかり学んだので、
    これからはぜーんぶ紙にペンで書いておくことにしました。
    メールアドレス、ソフトなどの各種設定、お気に入りの見つけにくいウェブサイト、
    会員登録の詳細、シリアルナンバー、購入日などなど.....
    結局、最後は紙にたよるのね。
    紙もペンも好きだから、いいけど。

    で、二日ほどパソコンのない夜を過ごしてみて、
    いろんな発見がありました。
    
    パソコンがないと、夜が長い。
    パソコンがないと、娘がいないことを意識する、
             つまりひとりであることを意識する。
    パソコンがないと、本に手が伸びる。
    パソコンがないと、むやみに写真を撮ろうという気にならない。
    パソコンがないと、昔のわたしに戻った感じ。

    ま、いろんな意味で新鮮でした。
    もう少しこの生活を続けたら自分はどんなふうに変わるのかなと、
    ちょっと楽しみだったけど、
    仕事の都合でそうもいかないので昨日新しいのを買ってきました。

    そしてこの新しいマシンとうまくつきあえるようになるまでの、
    うっとおしい日々が始まっています。

    う~ん、やっぱりパソコンはないほうがいいかもなあ。
    なんだか人生をトイレに流しているような気分になる.....
  
    でも娘とスカイプやりたいし、
    ブログに写真を載せたいし。
    どっちもどっち。
    
    

           
by homeopa | 2010-06-26 17:35 | 風景

hana

b0170947_846501.jpg

         手を洗うように心を洗いたい ---- 牧野弘志

         顔は洗ってもきれいにならない ---- 岡崎夕美子

                           (どちらも永六輔選著 「一言絶句」 より)
by homeopa | 2010-06-26 13:17 | 季節の花

ajisai

b0170947_8492533.jpg

        こんなに悲しいのに屁が出る

                  ---- 沢江京治 (永六輔選著 「一言絶句」より)



        あるよね。
        ない?
by homeopa | 2010-06-26 11:08 | 季節の花

binbogusa

b0170947_84853.jpg

        岡田ジャパン、やったね!

        今日仕事があるからライブでは見ないと決めて寝たのに、
        なぜか午前3時に目が覚めて、それからしばらく眠れなかった。
        でも見なかったけど。

        あのぱっとしない顔の岡田監督がちゃんと仕事してくれました。
        人を見かけで判断しちゃいけない、いけない。
        パラグアイ戦もがんばれ!
 
  


     
by homeopa | 2010-06-25 08:31 | 季節の花

white flowers

b0170947_23541036.jpg

アルコール依存症、薬物依存症、ネット依存症、ゲーム依存症、砂糖依存症、コーヒー依存症、タバコ依存症、携帯電話依存症、サプリメント依存症、セックス依存症、パチンコ依存症、写真依存症、買い物依存症、などなど、人間はさまざまなものに依存するようですが、ちょっと耳慣れないこんな依存症もあるようです。手元の国語辞典にはこう書いてあります。

しょうさんいそんしょう【称賛依存症】
大勢の人からほめたたえられるときの快感にとりつかれた状態。人間は人からほめたたえられたときに心地よい興奮と幸福感を覚える。しかし通常この感覚は数時間から数日で消失し、そのあとには倦怠感が生じるため、人は再び快感を求め、ほめたたえられるために努力する。次の快感を得たあとに起こる倦怠感はさらに深いものとなり、それに比例して快感への欲求もさらに強まる。この欲求は決して長期的に満たされることはない。ひとたびこの悪循環にはまり込むと、抜け出すことは困難であり、依存者はほめたたえられることのみを目的として行動するようになり、最終的に肉体は消耗し、人格は崩壊する。したがって何をしてもあんまりほめられない人は、称賛依存症に陥りにくいという点でラッキー!といえる。10人の人間から一斉に与えられる称賛は、覚せい剤5gに相当する高揚感をもたらすといわれている。


 称賛による堕落から逃れる方法は、ただひとつ。
 仕事をつづけることである。 ---- アルバート・アインシュタイン
by homeopa | 2010-06-24 08:12 | 季節の花

tonari no meechan

b0170947_20513275.jpg

               写真屋のおじさんにきいたら、
               現像の廃液は 「もってきていいですよ」 とのことだったので、
               あちらで一緒に処分してもらうことにしました(少しホッ)。

               ちなみに業者に引きとられた廃液は、
               工場で再生してまた使えるようにするんだそうです。
               その過程でまた有害物質が発生するのかななんて考えていくとまた暗い気分になるので、
               そこは考えないことにしてます。

               ほかにもいろいろ面白い話が聞けました。
               現像液は何回かつかって疲れてきたら新しいものに替えるように、
               と説明書には書いてあるけど、
               おじさんがモノクロの現像もやっていたころは、
               何度もつかってドロドロのヘドロ状になったものをつかっていたそうです。
               ときどきそのドロドロを半分ぐらい捨てて、そこに新しい液を足す。
               つくりたての新しい液は新入社員みたいにガチガチで硬くてよくないとか。
               なので年季の入った液をくわえるとほどよい柔らかさになるんだそうです。
               秘伝のうなぎのタレとか、おでんのスープみたいなもんですね。

               あと、業者さんは定着液のなかに溶解している銀を集めて利益を得ていたのに、
               最近のフィルムは性能がよくて銀の量が少なくなって、
               あまり銀が集まらなくなり、
               フィルムの使用量が減ったことともあわせて、
               多くの回収業者がやめてしまったとか。
               以前は回収された銀の量に応じて、
               写真屋のおじさんのほうにもいくらかお金が戻ってきたそうです。
               フィルムひとつとっても、いろんな歴史があるんですね。おもしろい。

b0170947_20511574.jpg

                これは初めて自分で現像したとなりのミーちゃん。
                温度管理に失敗してバリバリに増感されてしまったけど、
                ミーちゃんらしさは出ているんじゃないかと。
                これはこれで、わたしは好きです。
by homeopa | 2010-06-22 10:49 | 動物

moraimono

b0170947_10212885.jpg

          ともだちの父上の遺品の現像タンクをいただきました。
          これがあると、モノクロフィルムの現像が自分でできます。

          モノクロ写真は大好きですが、
          撮影したフィルムを近所の写真屋さんに持っていくと、
          そこからさらに別の業者に送られるのでだいぶ時間がかかる。
          それとネガを入れる袋がカラーネガの袋とちょっとちがってて、
          ファイルにとじるのにとても不便なので、
          撮りたいけど面倒だな、みたいな気持ちがあって、ついカラーばかり撮っていました。

          でも自分で現像すればもっと気軽に撮れるんじゃない? 
          長い目で見れば安上がりだし、
          化学実験みたいで面白そうだし。
          わーい!
          て思って、さっそくいろいろ調べて、
          いそいそと現像用具一式を買ってきました。
          (ヨドバシのお姉さん、無愛想だけど親切だった、ありがとう)

          もういつでも実験に入れる状況。
          でも・・・・

          

つづきを読む
by homeopa | 2010-06-21 18:53 | 日々の暮らし

tsuyukusa

b0170947_23444862.jpg

    自分の利益をあきらめるほうが、自分の趣味をあきらめるよりもむしろ易しい。
                             ---- ラ・ロシュフコー

    今まさにそんな気分。
    ああ、どうしようー。
    (深いため息。この続きは、気持ちがまとまってから次の記事で)
    
    
by homeopa | 2010-06-20 10:25 | 季節の花

dokudami

b0170947_23484174.jpg

by homeopa | 2010-06-19 23:48 | 季節の花