pimboke6

<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

我輩は地味である

風邪をひきました。

春の陽にだまされてコートなしで外出したら、
風がとても冷たくて、
なのにそれに気づかず、外で弁当など食べて身体が冷えきってから、
「おお、さむ!」と意識したというおまぬけ。
その直後から喉が痛くなり、夕方には寒気がしてきました。

b0170947_1821369.jpg


風邪は、凝りかたまった心身をゆるめて老廃物を掃除するいい機会です。
だから年に1回ぐらいは風邪をひいて熱をだしたいところですが、
私はここ数年、ちゃんと風邪をひけていませんでした。

んもう、風邪さんたら、ごぶさたなんだからあ~!
家に帰ると、ごはんの支度もせずにいそいそと布団を敷き、
湯たんぽと一緒にもぐりこみました。
よくできた娘は、
「塾の先生にケーキおごってもらったから、あたしもごはんいらない」
とかいって宵の口から寝てしまいました。ありがと。

わが子の隣室で愛人とイチャイチャするようなやましさを覚えながら、
久々の風邪と発熱を心ゆくまで楽しもうと待ったのですが、
体温計は37度で止まったきりです。

「乾燥した冷たい風で悪化」という症状に合う Aconite や Hep-s、
「背筋がぞくぞくする寒気とだるさ」の Gelsemium、
「進まない症状」の Bryonia などとっても、
あの発熱の悦楽はやってきません。

ここでおさらい。発熱のメカニズムについて。
風邪のウィルスに感染すると、白血球がそれを察知し、
脳の体温中枢である視床下部に知らせる。
視床下部は体温の設定温度をあげる。
なぜなら高温はウィルスの増殖を抑え、免疫細胞を活性化するから。
設定温度が上がると、身体は平熱でも寒いと感じる。
これが寒気。
筋肉はブルブル震えることによって熱を発し、体温をあげる。
設定温度まで体温があがると、寒気と震えはとまる。
高熱のもとで免疫細胞が元気に活躍し、ウィルスをやっつけおわると、
視床下部は設定温度をさげる。
設定温度にしたがって体温をさげるために、
身体は汗をかく。
発汗によって体温はたいてい平熱以下にまでさがる。
このときに無理をすると、また風邪がぶりかえしたりするので要注意。
やがて体温は平熱にもどり、風邪は治る。

私の場合、寒気はあるのだから、
少なくとも視床下部は設定温度をあげたはず。
しかしその設定温度まで体温をあげることができないらしい。
エネルギーが低いんだな~、寄る年波かな~。。。

なんて思っているうちに眠ってしまったらしく、
目覚めたら朝になっていて、
身体はうっすら汗をかき、寒気はなくなっていました。

つまり戦いは終わったってこと?
でも起きあがると、身体に力が入らず、めまいがします。
ちょっと歩いてもへなへなと座りこみたくなるような弱さ。
熱をはかると、35度2分。
これが発熱後の低体温期かあ、と納得してすぐに布団に逆戻り。
その日は一日ごろごろしていて、
やっと夜になって起きあがれるようになったら、
体温も平熱に戻っていました。

でもその後もなかなかすっきりせず、
6日ほどたった今も、まだ少しめまいが残っています。
あの最初の晩、いったい熱はいくらまであがったんでしょう?
眠っていたとはいえ、高熱が出たという感覚はありませんでした。
ということは、ウィルスをやっつけきれないうちに、
なんとなくうやむやになって終わったってこと?

少し前に友人が風邪をひいて3日間ほど40度の熱をだし、
そのあととても元気になったのを見ていたので、
その派手な風邪と、自分の地味な風邪の違いに、がっくり。

私のたくさんあるコンプレックスのひとつに、
地味であること、というのがあります。
顔も地味だし、スリーサイズも地味、人生も地味。
何年か前までは高熱をだすような派手な風邪をひいていたけど、
ここに来て風邪まで地味になってしまったか~。
by homeopa | 2009-03-24 07:13 | 身体のこと

余計なことをしない、ということ、その2

余計なことをしないという点では、
私はかなり優等生です。

たとえば風呂に入っても、石鹸は使いません。
お湯で身体を流したら、そのまま湯船に直行。
あはあああ~、と快感の吐息をもらしてから、
風呂ぶたを半分閉めて、その上にタオルを敷いて、
その上に本を載せて、あとは読書タイム。
一日でいちばんうれしいひとときです。

のはずが、いつのまにか舟をこぎはじめ、
ドボン! と本が水の中に落ちて目が覚める、
ということもけっこうあります。
なので私の本棚には、
濡れて乾いてトタン屋根みたいになった本が無数にあります。
書籍虐待もいいところ。

身体を石鹸で洗わない習慣は、
娘のアトピー性皮膚炎がきっかけで始まりました。

薬をつかわずにアトピーを治そうと、
いろいろな方法を試しました。
入浴対策としては、肌によい石鹸とか、入浴剤とか、
オイルとか、塩療法とか、木酢とか。
いろいろ試したすえに行きついたのが、
身体を石鹸で洗わないという方法でした。
そのかわり、湯船にゆっくりつかります。
これだけで充分に汚れはとれるし、
皮脂を必要以上に除去せずにすみます。
血行もよくなるし、湯船につかっているあいだに、
おしゃべりしたり、タオルでオナラをつくって遊んだり、
母子のコミニュケーションタイムにもなります。

で、私も面倒なので石鹸をつかわないことにしたら、
これが思いのほかよかった。
以来12年間、温泉に行ったときをのぞけば、
石鹸で身体を洗ったことはありません。

石鹸代はかからないし、
石鹸を流すためのお湯もいらないし、
石鹸で身体を洗うための時間を読書または舟こぎに使えるし、
皮膚が乾燥しないからボディローションもいらないし。

しかも漫画「もやしもん」でも言ってるように、
皮膚の表面にはいろいろ役に立つバイキンがたくさんいて、
皮膚を守ってくれているわけで、
石鹸をつかわないと、そのバイキンたちにもやさしくできる。
いうことなし!

ちなみに私はシャンプーもあまりしません。
春・秋は1週間に1度ぐらい。
夏は2~3日に1回。
冬は。。。この正月に10日間無洗髪記録というのを樹立しました。

べつにラスタとか、大義名分があってこうなったのではありません。
産後、育児と仕事と家事に追われて無駄をはぶいた結果、
毎日のシャンプーも無駄だったと気づいただけです。

でも今のところ「きたない」とは言われてないので、
まあこれでいいかなと。
「きれい」とも言われないけど。

b0170947_1332474.jpg


ホメオパシージャパンの木の花咲くやシャンプーは、
同じような発想から生まれたものらしいです。
強いシャンプーで脂をごっそりとっておいて、
あとからコンディショナーで脂を補うのは無駄。
だから最初から脂をとりすぎないものにした、とか。
私も愛用していますが、たしかに、
他のシャンプーをつかったあとでいつも感じていた髪のきしみが、
このシャンプーのあとでは感じられません。

人間というのは、
余計なことをしたがる習性があるみたいですね。
シャンプーで脂をとって、リンスで脂を補うとか、
野菜をごてごて調理して、失われたビタミンをサプリで補うとか、
車をつかって、運動不足解消のためにジムに行くとか、
電卓でバカになった脳を救うために、パズルをするとか、
土を死なせておいて、肥料や農薬を補うとか、
薬をつかって細菌を強くして、そのための薬をまたつくるとか。

優等生の私だけど、
パソコンつかいすぎて漢字が書けなくなったので、
漢検でも受けようかなとか考えてます。
by homeopa | 2009-03-08 07:04 | 自然のちから