pimboke6

walk on

b0170947_12471158.jpg

通勤のコースを変えて、歩く距離を長くした。
わりと必死に歩いて35~40分ほどの道のり。

先週3日間、行き帰りにそのコースを歩いたら、少々バテた。
前は自転車通勤だったから、それなりに脚の筋肉をつかっているつもりだったけど、
どっこい、自転車と歩きはぜんぜんちがう。
なにしろ歩きでは自分の全体重を支えなければならないんだから。

自分が自分を抱っこして30分歩くところを想像したら、
その大変さがよくわかるだろう。

・・・・・・ て、そうか? 自分が自分を抱っこする場合には、自分の体重を脚でささえて、しかも別の自分を腕に持って、その体重もまた脚で支えるわけだから、ふたりの自分の体重が脚にかかってくるわけで、そりゃあ重くて当然でしょう・・・・

ま、いいや。
とにかく、いつも歩いていると思っていたのは、
歩くうちに入らなかったんだ、
とわかった。

これっぽっちの歩行でバテているようじゃ、
家なんか建てられないし、山菜とりにも行けないし、もちろん畑仕事もできない。

しかしたった3日だけど必死に歩いてみて、
足の冷えが改善してきたことに気づいた。

さらに、頭のめぐりもよくなったような気がするし、
いつもお昼ごはんのあとで眠くなるのにさほど眠くならないことにも気づいた。
でも夜はひたすら眠い。
いいね。

この調子で続ければ、きっとわたしのはんぺんみたない脚も百姓らしくなる。

そもそも引っ越しをした最大の理由は家計の縮小だったけれど、
職場から遠くなったために交通費が上昇し、
結果的に、家賃の安くなった分を交通費がかなり食いつぶすこととなった。
それで少しでも交通費を浮かすためにたくさん歩く決意をしたのだった。

で、歩いてみたら、ご利益があった。

自慢じゃないけど、わたしは(心身の)省エネ運転が得意なので、
こんな状況にでもならなければ、
こんなに必死に歩こうとはしなかっただろう。

棚からボタモチ、ひょうたんからコマ。


Every problem is a disguised opportunity.
(すべての問題は、問題を装ったチャンスである)
          ---- 映画 「オーシャンズ」 で背の高いおじさんが引用する、アダムズという人の言葉


でも、このことを話すたびに、ともだちが 「やせるよー!」 とコメントする。
そのコメントを聞くたびに、わたしはむっとする。
そんなミーハーな目的のためにやってるんじゃないわい、
家計を1日280円節約するという崇高な目的のためにやってるんだわい、と思って。



walk on by jesse harris ♪






※【室内も放射性セシウム汚染】千葉県千葉市の掃除機ゴミが2000ベクレルを超える!


※地球温暖化は確定された学説ではない 中野洋一氏 IWJ
  うーん、面白い。いや、面白がっていてはいけないのか。でも面白い。

  これが中野さんの書いた論文
         ↓
  「京都議定書」に関する一考察 --- 「クライメートゲート事件」 と地球温暖化論
    
by homeopa | 2013-01-30 08:13 | 日々の暮らし